まず、時間は5分以内と定められている。そして噺の終盤では、泣語家自身が目に涙を溜め、結局は自分も泣いてしまうのが決まりとなっているそう。
また、泣語には「体験泣語」と「創作泣語」の2種類があるとのこと。自身の体験を語るのが前者で、見聞きした情報を元に創作するのが後者。

出典笑うよりも難しい?泣くために聞く落語「泣語(なくご)」とは(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース(1/2)

前へ 次へ