1)5分以内の分量にまとめる
2)ブータンの民族衣装をモチーフにした「泣き装束」を着用
3)終盤には泣語家自身が目に涙を貯めて袖で涙をぬぐうのが作法
4)締めの言葉は「今日の私の噺は涙と共に水に流していただければ幸いです」

出典落語ならぬ「泣語」を聞いて泣けたのか - デイリーポータルZ:@nifty

前へ 次へ