泣語を披露してくれた泣石家霊照(なかしや・れいしょう)さんは、会社勤めをしな がら泣語の芸を磨く35歳の会社員。以前はお客さんとして夫婦で「涙活」に参加していたが、イベントのなかで“泣ける体験談”を皆の前で話したことをきっかけに、泣語家デビューを果たした。

出典泣いてスッキリ?!「泣語」を聞いてみたら:日経ウーマンオンライン【トレンド(ライフ)】

前へ 次へ