1. まとめトップ

【プリキュア】多すぎぃ~!?歴代のプリキュア55人を一挙に紹介!【15周年】

HUGっと!プリキュアを含め、合計なんと55人!!全員知ってますか?笑

更新日: 2018年04月08日

226 お気に入り 3088956 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

15周年を迎える長寿シリーズ!みなさん全員知ってますか?

現在のプリキュアはこんなにいる!

プリキュアシリーズは、普通の女の子が妖精たちの力を借りて伝説の戦士・プリキュアに変身し、さまざまな困難に立ち向かう姿を描くアクションファンタジー。

キャラクター紹介

ふたりはプリキュア/ふたりはプリキュア Max Heart

「ありえな〜い!」が口癖のスポーツ万能少女!

10月10日生まれの天秤座で、血液型はO型。一人称は『あたし』。両親と弟とともにマンションで暮らす。「ありえな〜い」という言葉をよく口にしている。
外見は茶髪のウルフカットの入ったショートヘア。性格は明るく活発、無鉄砲で多少おっちょこちょい。パートナーはメップルで、無印の後期ではポルンの面倒も見ていた。
初登場時はベローネ学院女子中等部2年桜組で、『MH』で「3年桜組」に進級。
スポーツ万能で、所属するラクロス部では2年生にしてエースを務め、『MH』ではキャプテンに選ばれる(背番号は7)。ただし「トンカチ(カナヅチの言い間違い)」なほか、ウィンタースポーツも不得意。しかしスケートはほのかや藤村省吾の指導である程度滑れるようになった。
男勝りでやや破天荒な行動とそのボーイッシュな雰囲気や性格のおかげで、女子からはラブレターをもらうほどの人気がある。その反面、ほのかと知り合ったばかりの頃には彼女の優等生らしさに気後れを感じたこともあるなど、自分に不足している要素も認識しており、親しくなってからも彼女の突飛な言動にたじろぐなど、常識人のバランス感覚も兼ね備えている。また、恋愛に関しても年相応の少女らしく繊細であり淡い恋心を寄せている藤村のことになると大きく動揺し、それが原因でほのかと険悪な仲になったが[5]、仲直りしたときにそれがきっかけでお互い名字から名前で呼び合うようになった。
時には暴走して奇怪な行動を取り始めることもあり、それを見た莉奈や志穂も引いてしまうほどである。
大食いで、好物はチョコレートとたこ焼きだが、玉葱が少し苦手。
勉強嫌いで、ことわざを誤用することが多く、ほのか達によく突っ込まれる。音頭を聞いて無意識に踊ってしまったり、時代劇を好んだりする。父親譲りなのかオヤジギャグを度々口にする。

成績は常に学年トップ!だけどやや天然ボケな一面も

4月4日生まれの牡羊座で、血液型はB型。一人称は『私』。両親は海外でアートディーラーをしており、大きな日本家屋で祖母のさなえと飼い犬・忠太郎とともに暮らしている。
長い黒髪を一部上頭部で束ねている。身長はなぎさより少し高い。パートナーはミップル。
お嬢様育ちのおっとりした性格で礼儀正しく、ある程度親しい人間も「さん」「くん」付けの苗字で呼ぶ。最初はなぎさも該当したが、大きな喧嘩を乗り越えた後からは、自ら名前で呼ぶようになった。
大らかで真っ直ぐな分やや天然ボケな一面もあるが、悪事をはっきり悪いと言える芯の強さを持ち合わせ、強盗に説教をして改心させたことすらある。傲慢なドツクゾーン相手にも毅然とした態度を取る。
初登場時はベローネ学院女子中等部2年桜組で、『MH』で「3年桜組」に進級。クラス委員を務める。全科目得意で成績は常に学年トップで、よくなぎさが勉強を教えてもらいに来る。特に理系学問が好きで、科学者ブレキストン博士を敬愛している。
周囲から「薀蓄女王」とあだ名されるほどの博学かつ好奇心旺盛で、不思議な事物には率先して首を突っ込み、なぎさを困惑させることがある。だが、日常生活ではなぎさの大胆な行動に振り回されることも多い。端麗な容姿と前述の性格から、男子から月に1・2通ラブレターをもらうほど人気が高い。
科学部に所属し、独創的な実験を積極的に行っている。『MH』では部長を務め、慣れない役回りに右往左往しながらも部員たちをまとめ上げる。

9月9日生まれ、血液型AB型。
『MH』から登場。ベローネ学院女子中等部1年桃組。一人称は『私』で、アカネの「いとこ」として、オープンカフェ形式のたこ焼き移動販売車「TAKO CAFE」の手伝いをしながら同居している。
外見は、黄色の髪を右から三つ編みにして左へと回したお下げ。作中では当初、自分の名前すらもわかっていなかったなど、どこかミステリアスな雰囲気を纏っている。
性格は優しく謙虚でやや引っ込み思案で、一見大人しそうだが芯は強い。口調も常に丁寧であるが、時折気品に満ちた口調になることもある。成績は優秀だが少々常識のズレた天然な部分や抜けたところも見せる。周囲の驚くような行動に対してはよく苦笑している。
プリキュアの戦いを偶然目撃し、ポルンとの出会いを経てシャイニールミナスとして覚醒する。が、自らの運命には戸惑いを感じ続けていた。
その正体は3つに分裂してしまったクイーンの「生命」。ハーティエルに呼応する何かを学ぶ度にクイーンとしての力を取り戻していき、最終決戦でジャアクキング復活の危機に際し、涙ながらにクイーンへの覚醒を決意する。これにより元のクイーンの姿と力を取り戻した。
しかし、最後は全てを生み出す力によって、クイーンとは別の存在となった「ひかり」がなぎさ達のもとに帰ってくることとなった。詳しい事情は説明されていないが、ひかり本人は「こうなっちゃいました」と苦笑気味に語っている。

ふたりはプリキュア Splash Star

夕凪中学校2年生。8月7日生まれ、O型。
ソフトボール部で投手と4番打者を務め、第1話では10人連続奪三振を達成している。家は両親が営む「ベーカリーPANPAKAパン」というパン屋。口癖は「絶好調ナリ」(上手くいかないときは「絶不調ナリ」)。
勉強・絵画は苦手だが、ソフトボールでは超がつくほど活発になる。マイペースだがそこにいるだけで周囲をパッと明るくさせるムードメーカー的な性格で、舞の兄・和也には「真夏の向日葵みたいな子」と例えられた。その明るさから人と人とのパイプ役を無意識に務めることもしばしば。一方で、健太に「一度怒ると中々許そうとしない程に頑固」と呼ばれるような一面もある。春期・秋期の普段着は黄色の上着に、ピンクと白の縞模様のシャツを着ており、赤いミニスカートを穿いていて、夏季は黄色いシャツに、短いジーパンを穿いている。普段着には共通してネコのような模様がプリントされている。
敵幹部の名前を毎度のように間違えたり、「良い絵を描くためには観察するといい」と聞いて、舞の似顔絵を描くために学校で時間を問わず彼女を観察して困惑させるなど、天然ボケなところを見せるときがある。しかし、時折敵に対して突っ込みを行い相手をたじろがせることもある。一方で機転がよく利く面も見せ、モエルンバにチョッピを捕らえられた際はもっともらしく嘘をついて隙を作ったり、得意の腹話術でムープがシタターレに捕まったときはゴム風船をムープに似せ、シタターレを騙しきった。
朝が苦手で、よく寝坊をすることは周知の事実であり、それに伴った遅刻癖がある。そのため誕生日にはソフトボール部メンバーらから特大の目覚まし時計を贈られた。
幼いころから両親に自然や物の大切さを教えられてきている。和也に密かな恋心を持っており、彼を前にするとしおらしくなる。

、夕凪中学校に転校してきた2年生。5年前までは舞台となる街で暮らしていたことがあり、本作の第1話で再び引っ越してきた。そのため幼い頃に遊びに行った縁日でフラッピとチョッピに導かれたことによって、咲には一度だけ出会っている。11月20日生まれ、血液型はAB型。
絵を描くことが大好きで、感性も豊かであることからその美意識は高い。熱心にデッサンをしたり、感動した物事に集中すると名前を呼ばれても気づかないという癖がある。こういった性質を見た咲の薦めから美術部に所属する。
普段はどちらかというとお淑やかな性格であり、咲の行動を見て冷や汗を流し、それにやんわりと突っ込むことも少なくない。また勘も鋭く、満と薫の様子から2人が何かを抱えていることにいち早く気付いていた。春期・秋期の普段着はブラウスの上に長袖シャツを着ており、下は青色のジーパンをはいていて、夏季は水色に薄ピンク色のラインが入ったワンピースを着ている。普段着には共通してパレットのような模様がプリントされている。
親友の咲をとても大事に思っており、彼女がソフトボールの試合で惜敗したときや緊張しているときにその心情をいち早く察し、励ましたり慰めに行くなどして精神面で多く支えていた。逆に、自分が悩んだり落ち込んだりしたとき、彼女の明るさによく救われており、涙を流したこともあった。
絵だけでなく縫い物なども得意で、一晩のうちにフラッピ達の人形を仕上げたり、咲の誕生日には本人の顔を模した手製のクッションを贈るなどしている。
咲や精霊たちなど一部を除き、基本的に人を「さん」「君」付けで呼んでいる(咲の妹のみのりに対しては「ちゃん」付け)。当初は咲とも苗字で呼び合っていたが、歓迎会での一連の出来事でお互い名前(呼び捨て)で呼ぶ様になった。

Yes!プリキュア5/Yes!プリキュア5GoGo!

勉強も運動も苦手!だけど芯の強さは誰にも負けないムードメーカー!

1 2 3 4 5 6 7 8