1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yutopipipipiさん

私が実践して、成功してきた就活の面接のコツをまとめておきます。

まずは軸を作ること!

ESの時にも書きましたが、重要なことなので、もう一度書きます。
面接では自分の軸を作ってそれに経験を当てはめていくことが重要です。
自分は人の役に立ちたい!、自分は将来、多くの人をまとめる仕事がしたい!など抽象的で構いません。
その軸に経験を当てはめていきましょう。

軸があればどんな質問も乗り切れる!

私は人の役に立ちたいから、サークルで代表になって、メンバーを引っ張ってきました!

このように経験を元に考えずに、軸を考えてから経験を当てはめましょう。1つの経験から主張できることはたくさんあるはずです!

軸を中心に作れば、どんなに質問で掘り下げられても、答えにつまることは無いので、実践してみてください!

また志望動機もこの軸を中心に考えることが可能です。

面接

面接には個人面接、集団面接と主に2パターンあります。
また大きな会社だと段階ごとに面接官の年齢層や役職も変わっていきますので、なるべく合わせられるようにしましょう。

若手社員には元気よく!

若手社員は面接を受ける学生とも年齢が近いので、親近感もわきやすく、親切な方も多いです。
そして若手ともあってあまり深いとこまでは見られないので、なるべく元気よく笑顔で答えられれば、好印象を待たれます。

役員、社長クラスの面接には熱意を!

役員、社長クラスの面接では学生を経営視点で見てきます。この学生を雇って会社の利益につながるのか、将来的に会社を任せることができるのかなど、このような見方をしてきます。
なので、会社への理解はもちろん、会社への想いの熱さをあくまで論理的に、冷静に伝えましょう。
そして面接前はテンション上げていくことも重要です!(面接官に今すぐ逆立ちしろ!と言われてたささっと、出来るぐらいのテンション!笑)

面接は会話!台詞調なんてもってのほか!

よく学生で、こう聞かれたら、こう答えるなど、一語一句台詞のように答える学生がいます。
それでは聞いている面接官はあまり好印象を持たないですし、熱意も伝えたいこと伝わらないです。
面接は「会話」です。台詞で覚えるのではなく、最も伝えたいポイントだけを頭に入れて、あとはその場で、自分の言葉で話しましょう。
それが面接を乗り越えるためのコツです。

以上です。
今回重要なのは、面接は「会話」だということ。普段友達や家族、先輩などとしているものと変わらないという気持ちでいけば、緊張もほどけていき、いつも通りの自分を出すことができるはずです。
面接の練習をしたい方は、より多くの人と会話をしましょう!おのずとコミュニケーション能力も付いてきます!

1