1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

yutopipipipiさん

同グループの学生はライバル視しないこと!

よくグループディスカッション(以下GD)で、同じグループになった学生をライバル視する学生がいますが、それは絶対ダメです。確かに同じ会社の限られた採用枠を争う者同士ですが、そのような姿勢でいくと確実に落ちます。
会社の会議などで常に同僚や先輩、後輩を敵視する人がいたらどう思いますか?

型にはまりすぎたGDもダメ!

たまにGDの本などを読み過ぎで、すごく型にはまったディスカッションをしようとする人がいます。

「あなたはタイムキーパーをやってください!あなたは書記!それからあなたは発表者!じゃ意見いってください!」

こんな学生実際にいます。(私も遭遇しました。)
こんな人がいては意見も出しにくい雰囲気になります。またいつもその型にはまるディスカッションが出来るとも限りません。学生は十人十色です。その場にあった雰囲気作りや役割分担が重要です。

学生同士仲良く、フレンドリーな姿勢が重要!

それでは何が重要かというと、それは「仲良くなろうとする姿勢」です。
フレンドリーに、その場で会った学生と友達になりたい、この選考のあとご飯でもどう?と言えるぐらいに仲良くなりたい、そのような姿勢でいくことが重要です。

そうすれば自ずとグループの雰囲気は良くなっていきます。意見も出しやすくなります。
そのようなフレンドリー姿勢がGDでは重要なポイントです。

実際私はそのような姿勢で挑むため、GD中に冗談交じりで話すこともありましたが、GDで落ちたことは、このやり方は知る以前の1回のみです。
その場で合格を貰う経験もできました。

なので、これはぜひ実践してください!

以上です。

GDはこのように多くの学生と触れ合ういい機会でもあります。私個人はこの選考が一番好きでしたね。
このようになにか就活の中で好きな物を作れば、楽しく活動できると思いますので、頑張ってください!

1