クラブは選手の保有権を持っており 選手をどう扱うかはクラブの意向しだいでした

ボスマンは プレーも移籍もできないことから訴訟を起こし 結果は全面勝訴

しかしこれによって 「サッカー界にとって好ましからざる人物」になってしまったボスマンは 当初の希望クラブに移籍できず 別のフランスのクラブでのプレーを余儀なくされ その後の選手生活もうまくいきませんでした