被告となったベルギー・サッカー協会とUEFAは 以下のように主張し反論します

「選手の自由な移籍は クラブ間の格差拡大を招く」「プロサッカー選手は ローマ条約の定める一般労働者とは異なる特殊技能を持つ存在なので 例外的な扱いを受けるべき」

しかし これらの主張は退けられ 1992年に2人が起こした訴訟は 実に約4年もの歳月を費やした結果 勝訴を手にし 上記2つの要求は完全に認められました

これにより まずEUに加盟する国の国籍を持つプロサッカー選手が EU内での移籍が自由にできるようになりました

その後 現在も続くEU以外の全プロ選手が国際移籍をするときのルールが作られたのです