高額移籍金での選手獲得には 純粋な補強のみならず 宣伝効果という側面もあります

2013年に フランスリーグ1部に復帰したASモナコは 各クラブが争奪戦を繰り広げていたファルカオの獲得に成功

移籍金は およそ5000万ポンド(約75億円)でした

これによりモナコは 自分たちは最高のタレントを引きつけ 巨額の報酬を約束するビッグクラブであると世間に示すことができたのです

同じフランスのパリサンジェルマンも同様に 2012年のイブラヒモヴィッチの獲得でビッグクラブの名乗りを挙げ さらに2013年にはカバーニも獲得

また ベッカムがラストシーズンを送ったクラブとしても大きな話題となりました