海外組が増えた現在の日本ですが 移籍金を得たJクラブは多くはありません

一方 香川を獲得したドルトムントは 育成費を払ったものの移籍金は0で のちにマンチェスターユナイテッドに1800万ポンド(約27億円)で売却し 莫大な収益を得ました

移籍金0で海外移籍のチャンスが増えても それは選手にとってメリットばかりではありません

移籍チームで 意見の違いや監督の起用法から簡単に戦力外になるケースもあるからです

そんな中で 香川や本田は自らの実力を示し 確たる評価を得ることでステップアップに成功しました

そんな日本選手の活躍もあり 移籍金を払っても日本選手を獲得するという動きも出ています