近年の 高額な移籍金が飛び交う移籍市場には批判もあります

移籍金や給与の高騰により 選手の補強にかかった資金を回収できなくなったクラブが経営破綻を起こすケースも出てきました

UEFAは対策に乗り出し ファイナンシャル・フェアプレー規則を導入

適用1年目で 6年にわたり増え続けていた欧州1部リーグの総損失額を 6億ユーロ(約780億円)減少させることに成功しました

そんな中 育成の充実で 以前より外国人選手が減ったバルセロナのようなクラブも出てきています

財政問題が出る中で これからの移籍市場はどうなるのか

ビッグクラブの動向からますます目が離せません