1. まとめトップ

卒業式で恥をかかない! 袴を履いた時の立ち振る舞いのポイントまとめ

卒業式で女性の方々は袴姿になると思いますが、立ち振る舞いによって見え方が全く違ってきます。そのポイントをまとめました。

更新日: 2014年01月18日

28 お気に入り 23000 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

s_khkh_mさん

いい袴を履いて、おしゃれな髪型にしても、肝心な立ち振る舞いができてないと恥ずかしいことになってしまいますよ。

ポイント1 立った時の姿勢

頭をしゃんと上げて、顎を引く、背筋がピンと伸びている
下半身にボリュームが出るので胸を張るくらいの姿勢の方が似合われる

出典http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1156427896

ポイント2 椅子の座り方

3.背筋を伸ばして少しだけ浅めに腰掛け、手は左手を上にして膝の上で両手を揃えます。

ポイント3 歩き方

やや内股気味にして、小さめの歩幅で背筋をピンと伸ばして歩きます。

、いつもより少し小幅に、そして足早に。つま先を内側に入れるつもりでスッスッと歩きましょう。

ポイント4 階段の上り下り

階段を昇るとき:袴のスリット部分から前側に両手を入れ、階段で裾をすらないよう持ち上げます。袴の裾を踏んでしまうと転んでしまったりするので危険です。

階段を降りるとき:袴のスリット部分から後ろ側に両手を入れ、階段で後ろの裾をすらないよう持ち上げます。袴の裾をすってしまうと、汚れがついてしまい、見栄えが悪くなってしまいます。

こちらもどうぞ

1