首都直下地震の被害対策を検討してきた国の有識者会議は2013年12月19日、30年以内に70%の確率で起きるとされるマグニチュード(M)7級の地震で、最悪の場合、死者が2万3000人、経済被害が約95兆円に上るとの想定を発表した。

出典首都直下地震の被害想定:朝日新聞デジタル

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る