東京都の死者内訳(最悪ケース/冬・夕方・風速8m)は、「建物倒壊等」が約4400人(内、屋内収容物移動・転倒、屋内落下物が400人)、「急傾斜地崩壊」が約20人、「火災」が約8400人、「ブロック塀・自動販売機の転倒、屋外落下物」が約300人となる(合計約1万3000人)。

出典首都直下地震の被害想定:朝日新聞デジタル

「死者 都県別データ(最悪ケース/冬・夕方・風速8m)」より書き起こし。
※今回の被害想定は、被害の大枠を把握する目的で実施しており、都県別の数値はある程度幅をもって見る必要がある。また、四捨五入の関係で合計が合わない場合がある。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る