提供:進研ゼミ小学講座

マジでかw最近の「デジタルキッズ」の進化が止まらない

新しい技術をマスターするのって大人になると難しいんですけど、子どもたちに柔軟性に驚かされます。たとえばタブレットなんて見よう見まねですぐに使いこなしちゃう。

更新日: 2014年02月13日

138 お気に入り 406225 view
お気に入り追加

それいつの間に覚えた!?

うちの子はタブレットのYouTubeアプリを自分で操作して広告のスキップもできるのですが、これって今時の2歳児なら当たり前でしょうか?

息子さんがものすごい集中してアングリーバードスターウォーズをしてる。いつの間にかタブレットの扱いが上手に…まだ2歳前なんだけどなぁ…。

私の3歳になる娘は、PCもタブレットも自分で起動させて、YouTubeやdビデオ等でアンパンマンやしまじろうを見ている。教えた訳じゃないけど、見て覚えたようだ。アプリ終了して電源切るまでする。

子どもの吸収力ハンパない…

最近の子どもはタブレット使ってあいうえお覚えるのか、私のときはカルタだったというのに

折り紙の本よりも、YouTubeの方が分かりやすいみたいで、見ながら折ってた。今どきの子は(笑)

姉の息子1歳がiPhoneアプリのPaper Tossにハマる。基本スマホみたいな指で動かせるものは何でも好き。姉の友達の息子さん3歳はiPadで平仮名・カタカナ・アルファベットを全部覚えたというから驚く。幼稚園入った頃には…?俺は幼稚園で平仮名練習してた。時代は変わるんだな。。

子どもたちって、みんなこうなの?

最近では子どもの約3人に1人が、2歳までに自発的にスマホ・タブレット使うようになっているらしい。

とあるインターネットリサーチでママ300人調査した結果。

デジタル教育ツールを使わせることに賛成する親も増えている。

「子どもが楽しんで勉強してくれそう」という意見が多いとか。

時代の流れ?学習スタイルが変化しすぎ

政府は2020年までに「一人一台のタブレット端末」を実現することを目標にしている。

平成24年度の調査では、3割以上の公立学校でデジタル教科書が導入されていることがわかった。

教育現場のデジタル化はどんどん進みそう。

デジタル教科書の魅力は、教材のわかりやすさ。

例えば顕微鏡の画像を拡大してみたり、外国語の授業で教科書をネイティブスピーカーが読み上げたりすることができる。

紙の学習が苦手だった子が、デジタルを使うようになって突如として能力を発揮することも。

「授業に積極的に取り組める子が増えた」という先生の声もあるとか。

進研ゼミ小学講座「チャレンジタッチ」
チャレンジのテキスト教材がタブレット一つに集約されてる。

一人ひとりに合った学習法が違うなら「チャレンジ」もひとつでなくていい、という思いから生まれたタブレット教材

従来のテキストのコースかコンテンツの配信コースか、選べるようになった。

問題を解いたらすぐに自動で丸つけ。解答を間違えた場合は、間違えた理由に合わせた解説を表示してくれる。

1