お肌には外からの刺激から肌をまもり、異物の侵入を防ぐため、「皮脂膜」と「角質層」が【バリア機能】を果たしています。
このバリア機能が破壊されると、お肌が乾燥し、敏感になり、様々な肌トラブルの原因になってしまいます。
そんな大事な肌バリアを「ゆるめて、溶かし出してしまう」性質が強いため、合成界面活性剤はお肌によくないと言われています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

【合成界面活性剤】5年後のキレイのために避けたい成分

化粧品にはメーカー都合の【合成保存料】をはじめ、今はよくても使い続けるとマズイ成分がチラホラ入っています。化粧品業界で7年働いて、「この成分は使わない方がいいかな」と思うものをまとめてみました。

このまとめを見る