1. まとめトップ

大ヒット「半沢直樹」生かせない?…平日の視聴率が“総崩れ状態”で危機のTBS

昨年に『半沢直樹』が大ヒットしドラマの強さを見せたTBSですが、他のドラマはパッとせず、平日の低視聴率も1年以上続くTBS。フジテレビの惨敗が目立っていますが、今や業界関係者の間で「フジより数字がヤバイ」とささやかれているほどだそうです。

更新日: 2018年01月14日

1 お気に入り 61715 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

egawomsieteさん

TOKIO・国分『ビビット』降板希望は1年前から!? TBS関係者が語る“局との深刻な確執”

TOKIO・国分太一が、MCを務める情報番組『ビビット』(TBS系)を降板したがっていると、1月10日発売の「週刊新潮」(新潮社)が伝えている。TBSは、その“受け皿”として新番組を用意したというが、その番組のプロデューサーもいわくつきのようだ。

「国分は前番組の『いっぷく!』から継続して2015年の番組開始からMCを担当していますが、『新潮』によれば、昨年1月の放送回での“ヤラセ報道”がきっかけで、スタッフとの信頼関係が崩れてしまったんだとか」(スポーツ紙記者)

 この騒動は、番組が東京・多摩川の河川敷で多数の犬を飼育するホームレスの男性を取材し、男性が怒鳴る姿などを放送したが、後にスタッフによる仕込みだったことが判明し、BPOから「放送倫理違反」と判断されたもの。MCとして“番組の顔”を務める国分が、スタッフに不信感を抱くのは無理もない。

「さらに同誌は、昨年10月から国分と渡辺直美のコンビで始まったTBSの深夜番組『世界くらべてみたら』についても、総合演出を務めるプロデューサーが前科持ちであると指摘。この人物は、同局の人気バラエティ『ニンゲン観察バラエティ モニタリング』を担当していた当時、約7000万円を脱税したとして、16年に起訴されていたなどと伝えています」(同)

 国分の番組に不穏な陰がつきまとう状況だが、実際にTBS関係者に話を聞いてみても、やはり本人はずっと『ビビット』を「降りたい」と主張していたそう。

「番組のヤラセ事件後、局内の会議でも毎回“打ち切り”が議題に上がっているものの、局とジャニーズ事務所、双方の上層部が、継続させる方向に持っていってしまう。国分のモチベーションは相当低下しているし、現場としても国分に気を使わなければならずで、上層部以外からすると『早く終わってほしい』というのが本音なんです」(TBS関係者)

一方で、局は国分との関係を修復しようと『世界くらべてみたら』を用意したのだという。『ビビット』を終了させる時に、こちらをゴールデンに昇格させる計画のようだが……。

「テレビ局がよくやる手法で、『打ち切りでクビ』といったイメージを和らげるため、ゴールデンの番組をプレゼントするという話です。しかし、結局『ビビット』は今回の改編も乗り切ったため、4月以降も放送は継続されます」(同)

 同時間帯の民放番組中、視聴率最下位となることも珍しくない『ビビット』と、新年早々「新潮」報道でミソがついた『世界くらべてみたら』。果たして、どちらが先に終わってしまうのだろうか。

■TBS ゴールデン帯視聴率1位 日テレ3冠を25週ぶり阻止

TBSが9月第2週(11〜17日)のゴールデン帯(午後7〜10時)の平均視聴率で1位となり、日本テレビの「3冠王」を25週ぶりに阻止した。

 TBSは14日放送の「プレバト!!」(後7・00)が番組史上最高の平均視聴率14・5%を記録するなど、レギュラーのバラエティー番組が好調だった。全日帯(午前6時〜深夜0時)、プライム帯(午後7時〜11時)は日テレがトップだった。数字は関東地区、ビデオリサーチ調べ。

「偏向報道を許すな!」 TBS本社前で500人が抗議デモ

TBS(東京放送)の報道が偏向しているとして、9日、東京都港区赤坂のTBS本社付近で「TBS偏向報道糾弾大会・デモ」と題して約500人が抗議デモを行った。

 「TBS偏向報道糾弾大会実行委員会」が主催した。千代田区永田町の星陵会館前を出発した一行は「国民をだますな」「偏向報道・歪曲報道・印象操作」「TBS=放送法違反」などと書かれたプラカードや日章旗を手に行進。「TBSの偏向報道を許さないぞ!」「TBSの印象操作を許さないぞ!」などとシュプレヒコールを上げた。

同実行委は、TBSの偏向報道の一例として、加計学園問題をめぐり、安倍晋三首相に「行政を歪められた」と主張した前川喜平前文科事務次官の発言を大々的に取り上げながら、疑惑を否定した加戸守行前愛媛県知事や原英史・国家戦略特区ワーキンググループ委員らの発言はほとんど取り上げなかったことなどを指摘している。「TBSの報道は放送法4条に違反しており、偏った報道は多くの視聴者を裏切っている。反省を示さないなら、貴社の電波停止を総務省に要求するしかない」との旨の抗議文も作成した。

TBS総務担当者は一度は本社前に現れた。が、「街宣車の上に上がって、俺たちに話せ」と怒る人もおり、警察官らと話し合った末、踵を返した。

 「琉球新報・沖縄タイムスを正す県民・国民の会」代表運営委員の我那覇真子さん(28)も沖縄から駆けつけた。

 TBS本社前で街宣車上に立った我那覇さんは「テレビは真実を伝えない。日本を中国や北朝鮮に差し出そうとしている。Jアラートが鳴ったことをおかしいと言ったり、北朝鮮と話し合えば大丈夫だなどと言って国民をだましている。自分たちの報道が正しいというなら、この街宣車に上がるべきだ」と訴えた。

 これに先立ち、実行委は千代田区永田町の星陵会館で集会を開いた。大会主催者の村田春樹氏は「どの業界も監督官庁があるのに、やりたい放題の業界がある。それがテレビ業界だ。TBSがやっているのは報道ではない。報道テロだ」などと語った。(

■「逃げ恥」20億円効果、TBS2年連続の増収増益

TBSが11日、2017年3月期決算を発表した。昨年に続く増収増益で、昨年大ヒットしたドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」のブルーレイ、DVDのセールスが大きく貢献した。

高橋啓志経理局長によると、3月末までの集計で8万3900セットが売れた(定価ブルーレイ2万6400円、DVD2万900円)。「全体的な割合などは言えないが、かなり大きなインパクトがあった。視聴率に貢献した上、番組終了後も映像事業収入という形で大きく貢献があったということ」と話した。単純計算で20億円前後の売上高に貢献したとみられる。

 TBSホールディングスの決算は、売上高約3553億円(前年比2・0%増)、営業利益約198億円(同15・7%増)、経常利益約262億円(同15・6%増)、当期純利益約161億円(同11・3%増)。

■【WBC】CM明け直後に中田翔選手のホームラン TBSの中継に批判殺到

昨日3月7日に開幕をむかえたWBC(ワールド・ベースボール・クラシック)の日本代表・侍ジャパン。本日3月8日はオーストラリア代表との試合が行われ、地上波ではTBSが中継を担当した。
初戦のキューバ戦では、山田哲人選手の放ったホームラン性の大飛球をスタンドの少年がグラブでキャッチ、ビデオ判定でツーベースになるという事件があり、ネットを中心に騒動が巻き起こった。幸い、試合は日本が勝利したが、もし敗れていたら更に騒動は拡大していたものと思われる。

参考記事:【WBC】山田哲人選手のホームラン性の打球をキャッチしたファンの画像が『Twitter』にアップされる
http://getnews.jp/archives/1650429[リンク]

そして、3月8日のオーストラリア戦。1-1の同点でむかえた7回表日本の攻撃で、先頭バッターの中田翔選手は初球をホームラン!
……だったのだが、TBSの中継はCM明けで日本のピッチャーが投げるリプレイを流しながら、画面下にスポンサーのテロップを入れ、BGMをバックに「ここまでは、****、****」と企業名を読み上げるナレーションを入れる。そして最後に「ご覧のスポンサーがお送りしました」となったところで中田翔選手が映り、いきなりホームランを打つという展開となる。
画面下には企業名が映ったまま、BGMも消えていない状況下でのホームランということで、まだリプレイの場面だと思っていた人も大勢いた模様だ。

『Twitter』やネット掲示板には
「無能」
「ふざけんな」
「バカなの?舐めてんの?」
「死んで、どうぞ」
「何しとんねん、フジテレビじゃねーんだぞ」
といったTBSへの怨嗟の声があふれることとなった。



中田選手ホームラン!!!!!!

という「TBSテレビ 宣伝部」(@tbs_pr)のツイートにも批判の声が寄せられていたようである。

■『クイズ☆スター名鑑』スピード打ち切り舞台裏! TBS編成が「プロデューサー無視で暴走」?

昨年10月に放送開始したものの、年が明け1月下旬には“最終回告知なし”でのスピード打ち切りがささやかれていた『クイズ☆スター名鑑』(TBS系)。同番組について2月17日、番組プロデューサー・藤井健太郎氏のTwitterで、正式に終了報告が行われ、3月には一部地域で「特別編」が放送されることも告知された。メインMCのロンドンブーツ1号2号・田村淳は、同日「(打ち切りの)ジャッジ早えなって思いました」とこぼしていたが、番組企画の発足、またその決定や通達に至るまで、実に“お粗末な展開”だったという。

2010年から約2年半放送された『クイズ☆タレント名鑑』の復活版となった『スター名鑑』は、初回から視聴率が低迷し、事実上の最終回となった1月22日放送は、前回から6週も期間が空いていた。

「どうやら事実上の最終回前後に、局内で打ち切りが決定していたそうです。ドタバタな舞台裏を表すように、TBSから出演陣に対しての打ち切り説明も、通常ではあり得ないものでした。番組スタッフから1月下旬に、『打ち切りになってしまいました』と報告があり、『3月末に2クールで打ち切りか』と思いきや、『いや、実は先日の放送が最終回でした』と。あまりにも急展開すぎて、言葉を失いました」(芸能プロ関係者)

 こうして、わずか3カ月あまりで打ち切りとなった『スター名鑑』だが、実は藤井氏は番組復活に対して、決して前向きではなかったという

「藤井さんはむしろ、前番組だった『タレント名鑑』の方に力を注いでいました。当初、視聴率が落ちてきたため、編成から打ち切りを通達された際には、『もう少し様子見してほしい』と延命を嘆願したんです。しかし、希望は聞き入れられず、『タレント名鑑』は強制打ち切りになりました」(制作会社幹部)

 そして『スター名鑑』の復活も、同様に編成に“強制”されたものだったようだ。

「これに藤井さんは『「タレント名鑑」終了から時間がたちすぎているし、いまさら視聴率は見込めない』と、かなり反発したそう。ところが、編成はまたしても藤井さんの意向を無視して、強制的に『スター名鑑』をスタートさせてしまいました。そして結果は見ての通り、低視聴率が原因で打ち切りが決定したんです」(同)

 なお、藤井氏については「どうやっても数字が取れないことから、TBS内で“鬼門”とされていた水曜ゴールデンで、『水曜日のダウンタウン』というヒット番組を生み出した敏腕プロデューサー。おそらく『名鑑』シリーズも、また何らかの形で復活すると思いますが、その時は完全に本人主導にさせてほしいものです」(同)。

 突然の『スター名鑑』打ち切りは、多くのファンに惜しまれている状況だけに、藤井氏の次回作に期待したい。

■TBS『クイズ☆スター名鑑』4ヶ月で終了 熱狂的ファンから支持集めるも…

昨年10月にスタートしたTBS系バラエティー『クイズ☆スター名鑑』が、先月22日の放送を持って終了していたことが17日、明らかになった。番組公式サイトで発表された。

同番組は、2010年8月から12年3月まで放送された『クイズ☆タレント名鑑』の4年半ぶりの復活版。司会はロンドンブーツ1号2号の田村淳とフリー転身後初レギュラーとなる枡田絵理奈アナ、回答者は有吉弘行、おぎやはぎ、FUJIWARAなどオリジナル版のメンバーが集結し、TBSが“日曜7時”のバラエティー激戦区に送り出した。

 前番組でおなじみだったベン・ジョンソンや松島トモ子、トランプマンなどを起用したクイズや、元光GENJIの4人が集合するクイズなど、ほかのバラエティーとは一線を画する悪意とこだわりが凝縮された企画は熱狂的なファンから熱く支持されるも、4ヶ月で終了することになった。

1月22日の放送後、公式サイトで次回放送の日程が告知されず、番組の存続についてファンがSNSで心配の声を上げていたが、17日にサイト上で「1月22日の放送をもって番組は終了いたしました。応援ありがとうございました」とメッセージが掲載された。

 同番組の総合演出である藤井健太郎プロデューサーも17日、自身のツイッターで「ということで『クイズ☆スター名鑑』あっという間でしたが終了です。次回作にご期待ください」とつぶやいた。

 なお、3月3日の深夜3時20分から『クイズ☆スター名鑑 特別編』が放送されることも告知された(関東地区のみ)。

■水戸市がTBSに抗議 高橋靖市長「完璧に偏っている」 BPOに意見書提出も視野 新市民会館建設めぐり

TBSの情報番組「白熱ライブ ビビット」が昨年12月27日に放送した水戸市の新市民会館建設の是非をめぐる内容が偏向しているとして、同市がTBSに抗議していたことが3日、分かった。高橋靖市長は産経新聞の取材に対し、「行政と市民が対決しているかのような構図を作っており、完璧に偏っている」と批判。同市は放送倫理・番組向上機構(BPO)への意見書の提出も視野に入れている。

水戸市では、旧市民会館が平成23年3月の東日本大震災で被災したため、新市民会館の建設を計画。市による概算事業費は約192億円で、33年4月の開館を目指している。市によると、番組では事業費を約300億円と紹介。建設賛成派として高橋市長や市担当者の話を紹介する一方、反対派の市民団体代表ら4人の意見を取り上げた。

 同市では、放送で建設に賛同する市民の意見に触れていないことに加え、番組のコメンテーターが新市民会館を「粗大ゴミ」と決めつけたことを問題視し、「公平性・公正性を欠いた放送」として今年1月、TBSに抗議文を送った。TBSは「両論の併記に注意を払い、バランスを考えて取り扱った」と回答した。高橋市長は「偏向報道だと認めてほしい」と求めている。

1 2 3 4 5 ... 30 31