1. まとめトップ

ノロウイルスは【ハイター】で死滅!予防にはラクトフェリンが効くらしい

ノロウイルスを死滅させるには、85℃以上の熱湯で1分間殺菌するか、次亜塩素酸ナトリウム溶液を使用する必要があります。次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用の塩素系漂白剤(ハイター、キッチンハイターなど)に使用されています。二次感染を防ぐための対処法と予防法をまとめました。

更新日: 2014年01月20日

115 お気に入り 550147 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

デカルテさん

衝撃の二次感染

ノロウイルスの一番の心配は、二次感染!でもはじめに子供が嘔吐したときは、まさかノロウイルスに感染しているなんて思いません。風邪が原因と思っていました。

「ノロウィルス」に敏感になりますね〜!。外出先のトイレとか電車とか・・・。

朝から散々ノロウィルスの感染力のニュースを見たから 外出先でトイレに行くのが怖い(((°Д°)))

会社で昼に体調悪いからって 帰った人おって 病院行ったらノロウィルスやったらしい。 嘘だろ。。。 朝から昼までずっと俺の横おったやん。 絶対俺うつったやん。泣

【感染性胃腸炎 ノロウイルスについて】

ノロウイルスは感染力が強いため、家庭内で二次感染を引き起こすことが多いので十分な注意が必要です。一般的な病原菌は、エタノールや逆性石鹸、もしくは衣類用の酸素系漂白剤(オキシドール)で死滅します。しかし、ノロウイルスはこれらの方法では死滅しないそうです。このノロウイルスを死滅させるには、85℃以上の熱湯に1分間つけるか、次亜塩素酸ナトリウム(塩素系漂白剤)を使用するしか方法はないそうです。

【二次感染を予防するには…】

嘔吐物などの処理方法の鉄則!

すぐにふき取る
乾燥させない
消毒する
※この3つの事を徹底するのが大きなポイント!!

【消毒液の作り方】

ワイドハイターは、「酸素系漂白剤」で「塩素系漂白剤」ではありません。

塩素系漂白剤を50倍にうすめたものを使用しました。また、衣類やシーツなどを殺菌する場合やトイレの便座やトイレの取っ手などを消毒する場合は、塩素系漂白剤を250倍にうすめたものを使用しました。

【嘔吐に直接使用する場合の消毒液の作り方】

【用意するもの】

 ■ 500mmのペットボトル(よく洗ってから使用します)
 ■ 家庭用塩素系漂白剤
 ■ じょうご(金属製は不可)
 ■ ゴム、ビニール手袋は必ず使用して下さい。

【消毒液の作り方】

 ■ 嘔吐に直接処理する場合は、塩素系漂白剤を50倍に水でうすめて使用します。
   (次亜塩素酸ナトリウム濃度 約1000ppm)

① 500ccのペットボトルに、少し水を入れ、じょうごなどでこぼさないように塩素系漂白剤を約10㏄入れます。10㏄の目安は、塩素系漂白剤のキャップ約半分ぐらい。
(メーカーにより多少異なりますがキャップの容量は約22~25㏄です)
ペットボトルのキャップなら約2杯(1杯5㏄)

1000ccのペットボトルで消毒液を作る場合は、塩素系漂白剤のキャップ8分目~1杯入れます。ペットボトルのキャップなら約4杯(一杯5cc)

② そして、水をいっぱいになるように入れます
ペットボトルのふたをキッチリ閉め、よく振って完成です。

嘔吐の処理は、乾かない内に素早く処理するようにします。
嘔吐などが乾いてしまうと、ノロウイルスが空気中に漂うことがあり、口に入って感染することがあるそうです。

周囲への二次感染も防ぐために敏速な行動が大切です

ノロウイルスの感染は、嘔吐や糞便からの二次感染が一番確率が高いのでトイレの殺菌は重要です。
この場合は、汚れを取り除いてから塩素系漂白剤を250倍にうすめたものを沁み込ませた布などで拭きます。

嘔吐物を片付けた時に使用した用具(雑巾)や嘔吐物が付着したシーツや下着などの衣類は、塩素系漂白剤を250倍にうすめたモノで浸けこみ漂白をします。

今回は、布団や枕などにも嘔吐が付着しました。
シーツなどの洗濯できるモノならまだよいですが、洗えない枕や布団などの消毒はできません。

ノロウイルスから家族を守る決め手として期待されるラクトフェリン。

ラクトフェリンは人の母乳をはじめ、哺乳動物の乳に含まれる「たんぱく質」。特に出産直後の初乳に多く含まれ、生まれたばかりの赤ちゃんを風邪などのさまざまな感染症から守ると考えられています。鉄分と結合しやすい性質があることから、「フェリン(鉄)」と結びつきやすい「ラクト(乳)」と名付けられました。

ラクトフェリンが効く理由

ウイルスが腸内に入り込み、感染も時間の問題――。このピンチにラクトフェリンは2つの働きで細胞をウイルスからがっちりガードすることを示唆する研究が報告されています。
(1)腸の表面にぴたっと張り付き、細胞をウイルスからガード。
(2)ラクトフェリンが胃の中で変化してできる「ラクトフェリシン」という物質が直接ノロウイルスにくっつき、腸の表面にある細胞に入り込むのをガード。

ノロウィルスと決めつけてヤタローを潰すため、放射能漏れをごまかすためってw ノロウィルスは感染力物凄いんだよ?3人から1000人にうつすくらい造作ないでしょ。池袋のホテルメトロポリタンで行われた結婚式で、カーペットにゲロ吐いた客から多くの二次感染者を出した事件を忘れてるよね?

森永乳業は1960年頃、育児用ミルク開発のため母乳に含まれるラクトフェリンの研究をスタートさせました。それから現在に至るまでの50年以上、ラクトフェリンに注目し研究を重ねてきました。母乳に多く含まれるラクトフェリンを育児用ミルクに配合すれば、子どもたちの健やかな成長に役立てるのではないか――。ただ、ラクトフェリンをわずかしか含まれない牛乳から取り出さなくてはならないため、開発中に何度も壁にぶつかりました。しかし1986年、多くの困難を乗り越え、ついに念願だった世界初のラクトフェリン入り乳児用ミルクの発売にこぎつけたのです。

@nariyukiemika 水流れる勢いでウイルスをまき散らしてしまうらしいよ(ノД`)。アルコール消毒でも効果がないと言うから恐ろしいがな!!(╭☞•́⍛•̀)╭☞。ナエミさんちは、次男さんが受験生やで皆で予防して気をつけてあげてよ!!ヽ(`Д´)ノ。

1 2