1. まとめトップ

【時期尚早!?】Windows 8.1 不具合まとめ

先日、リリースされたWindows 8.1ですが、いくつか不具合が報告されているようです。まとめてみました。

更新日: 2014年01月20日

1 お気に入り 21871 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

techringoさん

▼iTunesが強制終了する

Windows8.1(64bit)をクリーンインストールで入れて、
そういえばiTunes入れてなかったな...と思い、iTunesを入れると、
サインインしてからホーム画面に行こうとすると次のメッセージとともに必ず強制終了しました。

▼デバイスが認識しない 高速スタートアップが原因!?

しかし、 高速スタートアップは便利な反面、例えばシステムに新しいデバイスを追加した場合などに問題が発生することがある。
USBのようなPnP(プラグ&プレイ)デバイスでは自動的に検出され、ドライバがインストールされるが、カードを増設したような場合には増設したデバイスが見つからず、エラーになることがある。

Windows8.1 Proへのアップグレードが完了したものの、さっそく不具合が発生した。

筆者の自作PCにはファンコン(ファンコントローラー)に各種メモリーカードスロット+USB2.0ポート1基がついているものを2.5インチベイに取り付けているが、8.1 Proへアップグレードしたとたん、メモリーカードスロット部分が正常に機能しなくなったのか、USB Mass Storage Deviceの接続と切断が頻繁に起るようになってしまい、さらに接続されているストレージデバイス全体に負荷がかかってCやDドライブへのアクセスすら遅くなってしまったという謎の現象に見舞われた・・・。

▼音が出ない

Windows8.1にアップデートしたところ、「音が一切出ない不具合」が発生したので対策を記録します。

▼Flashが鬼門

FirefoxでFlashが埋め込まれたページを開こうとするとHTMLのレンダリングが止まって、そのまま応答無しになります。
ChromeではFlashが強制終了して一切表示されません。
解決までの手順は

Flashをアンインストールする
再起動する
Flash11.9(デバッグ版)を(オフラインインストーラーで)インストールする
で動くようになりました。

▼ファイル消滅の可能性

Windows8もしくはWindows8.1を間に挟んで外付けハードディスクを用いてファイルを移動させようとすると、高速スタートアップを有効にしていた場合、ファイルが消滅する可能性があるそうです。

▼外付けHDDがスリープに

Windows8.1にアップデートした途端、これらHDDがアイドルして一定時間後にスピンダウンしスリープ状態になってしまう不具合が発生しました。スリープに移行する時間はどれも一緒でアクセスが無くなってから約5分後です。

▼タブレット型でも

しかしパソコンの天板を閉じた状態だと液晶画面が自動的に切り替わらなくなり
パソコン用液晶は問題ないのですがタブレット用の液晶の方はうっすらと暗く見えてる程度です
しかたがないので初期化して購入状態のWindows8に戻したところ症状が治りました
ASUSのサイト見ても8.1用の修正ファイルがあるのかよくわかりません
これと同じ症状の人は他にもいるのでしょうか?私だけかな?

▼ソフトが使えなくなった

出典www.cg.info.hiroshima-cu.ac.jp

Windows8.1アップデート後にClassic Shellのスタートボタンが消えた

 Windows7時代の使いやすいスタートボタンを復活させてくれるフリーソフトの「Classic Shell」は、Windows8でも問題なく動いていた。
 しかしWindows8.1アップデート後は、タスクバーの左端にあった「Classic Shell」のスタートアイコン(貝殻のデザイン)が消え、ウィンドウズ8.1のメニューボタン(四角い窓のデザイン)に置き換わってしまった。

TVTestが見られなくなった

 Windows8.1導入後に「BonDriverが見つからない」というエラーメッセージが出て、TVTestが使えなくなったが、CyUSB.infファイルを使ってドライバを更新し直し、さらに無署名ドライバを使える設定にしたら、元通り見られるようになった

1 2 3