出典 en.wikipedia.org

監督作品『吸血鬼』に出演した女優シャロン・テートと1968年に結婚(2度目の結婚)するが、翌年の1969年8月9日、テートはポランスキーの自宅でチャールズ・マンソン率いるカルト教団に惨殺される。
当時、テートはポランスキーの子を身ごもっており、妊娠8ヶ月の悲劇だった…。

彼女は殺害の際に、子供がいるから助けてと哀願したというが、ナイフで16箇所を刺され殺害された。ポランスキーは、生まれることなく死んだわが子にテートと自らの父の名を取ってポール・リチャードと名付け、テートとともに埋葬した。

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る