エレベーターを備えた民間の住居ビルとしては日本初だった。

出典銀座の通りの物語:銀座三原通り - 銀座ダイナースクラブカード|ダイナースクラブカード 日本で最初のクレジットカード

昭和の初めに、七階建てのビルが二棟、それもエレベーター付きで建てられたことにまず感心するが、それよりも、それが商業施設や事務所ではなく、当時、同潤会アパートとして盛んに建てられていた家族用の住居でもなく、おしゃれな“アパルトマン”であったことに驚かざるを得ない。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

80年前の高級デザイナーズマンション?!銀座にある『奥野ビル』が素敵

かつては旧銀座アパートメントと呼ばれ、銀座界隈でも屈指の高級アパートだった『奥野ビル』。1932年築の本館と1934年築の新館が左右対称に並ぶ6階建で、民間の住居ビルとしては日本初のエレベーターを備えたモダンなアパートでした。現在は約20店のギャラリーが入居。銀座最古の手動式エレベーターも。

このまとめを見る