馬油とは、その名の通り「馬の油」で、尾のつけね・馬のたてがみ・皮下脂肪
または、これらを混合したものを圧力を加えて搾ったり、火にかけて煮立たせたりして得られた油分です。
馬の油は、古くから民間療法で火傷の特効薬として親しまれております。
馬油は人間の皮脂に非常に近い性質を持ち、強力な浸透力があるため、肌に塗るとすぐにサラサラになります。馬油最大の特徴は、この浸透力であるといわれています。
馬油は高度不飽和脂肪酸を多く含むため、質の良い油であるとされ、近年では火傷の特効薬としての働き以外にも、馬油の持つ多彩な働きに注目が集まっています。
馬油には、抗酸化作用や抗菌作用、消炎作用、保湿作用、血液循環促進作用などの働きがあることが分かっています。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

このまとめを見る