1. まとめトップ
  2. 雑学

左右で違う耳と脳。シーンに合わせた効果的な話し方と聞き方

左右の耳で働きが違うことがアメリカの研究でわかりました。シーンに合わせて上手に使い分けよう

更新日: 2014年01月21日

comcommさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
1383 お気に入り 175636 view
お気に入り追加

◆左右の耳で働きが違う

右脳と左脳に働きの違いがあるように、左耳と右耳でもその働きには違いがあるようです。

耳の働きには左右で違いがあることが、米カリフォルニア大とアリゾナ大の乳児約3000人に対する聴覚測定の研究でわかった。

◆右耳の特徴

言語の習得。英語や第二外国語の勉強には、右耳からのヒアリングが効果的。

人は右耳から頼み事をされるほうが、左耳から聞くよりも承諾する可能性が2倍高いという研究が発表された。

仕事の電話は右耳で聞くと、左脳に響いて記憶に残るためミスが減って、合理的に物事を進めることができる

相手がいくら声の調子を変えても左右されず、内容そのものをストレートに受け取るので、相手が大して面白くない話をいくら面白そうに話しても、笑えない。

◆左耳の特徴

「左」の耳から入ってくる情報は、「音」など芸術的な方面を受け持つ

「恋愛」で相手をドキドキさせたり感情に訴えかけたい場合は、左耳に対して話しかけて右脳に響かせる

話し相手が明るい調子で話せば、明るい話題として受け取るし、暗い調子で話せば暗い話題として受け取る。

◆右脳と左脳の違い

右脳は、創造性や喜怒哀楽といった感情を担い、左脳は計算、言葉、記憶などを担うといわれています。

一番有名であろうと思われる右脳と左脳の違いは、「左脳は理屈、右脳は感覚」でしょう。

左脳は、思考や論理を司る人間的な脳と言われます。それに対して右脳は、五感を司る動物的な脳と言われます。

◆利き耳もある?

利き耳とは普段言葉を聞くときに使っている耳、電話で話をする時に受話器を当てる方の耳です。

アメリカ人を対象とした調査によると、70%の人が利き手と同じ耳が利き耳らしいです。

◆ピアスをつける耳にも意味があるそうです

カップルでピアッシングするとき、男性は左に、女性は右に偶数開けるのだそうです。 これは、2人が対になっていることを表し、いわばエンゲージリングのような意味を持つそうですよ!

1 2





このまとめに参加する