1. まとめトップ

ソロは厳しく、卒業したのはいいけれど…元AKBの厳しい現実

AKBというグループの枠組みの中で人気を得していましたから、当然ソロもグループを卒業すればなおさらバックグランドがなくなるわけですから、厳しい状況に陥るのは当然と言えます。

更新日: 2017年04月25日

egawomsieteさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
36 お気に入り 1602428 view
お気に入り追加

■笠井アナも完全にシラケた元AKB島崎遥香「安定の非常識ぶり」

元『AKB48』の島崎遥香が、ミュージカル『ブラスト!:ミュージック・オブ・ディズニー』の全国ツアーの応援サポーターに就任し、4月17日に東京都内で会見を行った。

島崎は昨年大みそかの『第67回紅白歌合戦』(NHK)をもってAKB48から卒業した。卒業後にメディアの前に姿を現すのは今回が初めてだ。

会見にはサックスを持参し、「しばらく楽器というものから離れていたんですけど、ずっと楽器が好きで…応援サポーターという形で音楽に関わらせていただけると聞いて、すごく楽しみです」と話し、中学校の3年間は吹奏楽部に所属していたことも明かした。

この会見の司会は、フジテレビの笠井信輔アナウンサーが登壇していたが、波長がまるで合っていなかった。笠井アナが、「(吹奏楽部時代の)経験が『AKB48』とか、女優になってからも生きているんですかね?」と問うと、島崎は首をかしげながら、「えっ? ちょっと、分かんないです…」と、返答に困っていた。

さらに、島崎はサックスを持参したにもかかわらず「中学を卒業してから1回も吹いていません」と発言し、場をしらけさせていた。

「島崎は、1~3月期の連続ドラマ『中年スーパーマン左江内氏』(日本テレビ系)に出演していましたが、同ドラマは平均視聴率9.5%と失敗に終わっています。ドラマでぱっとしなかったためか、今度は公の場に顔を出す応援サポーターになったのでしょう。でも、こちらも上手くこなせていませんでした。司会者とは会話か噛み合わないし、何かコメントを求められても全然言葉が出てこないのです」(テレビ雑誌編集者)

AKB48在籍時の島崎は、ファンを「キモオタ」と呼び「すぐ辞めたい」と公言していた。しかし、辞めてから4カ月が経つが、目立った話題はない。

「インターネット上では、あえて卒業後に人前に出なかったと言われています。卒業前はかなりのワシ鼻だったのに、ドラマの出演時には信じられない“くぼみ”ができていました。目も切れ長だったのが、くっきりとした二重に変わっています。その違いを嫌いな“キモオタ”たちに写真を使って検証されています。ファンを大事にしていれば、久々の登場でも温かかったでしょうに…」(AKBライター)

■「卒業するする詐欺」小嶋陽菜がついに卒業!からの結婚か

『AKB48』の小嶋陽菜が4月19日に29歳の誕生日を迎え、この日のAKB48劇場公演をもって同グループから卒業した。


当日はレギュラー出演しているバラエティー番組『PON!』(日本テレビ)で、卒業直前の心境を万感の思いを込め「全然実感がない。高校生からなにも分からずに入って12年。いっぱい同期も卒業していったけど、いい12年だったな」と語った。


しかし、小嶋のAKB卒業までの“卒業記念スペシャル”は、一部から「卒業詐欺」の声さえ出ていた。ラストコンサートと銘打った2月のコンサートは、1日目(前夜祭)が仲のいい友達を呼んでおしゃべり祭り。2日目の本コンサートには前田敦子、大島優子ら“元・神7”が勢ぞろいするといった内容。主役が誰だかよく分からないなかでリムジンが小嶋を迎えに来て「バイバイ」で終わるという、拍子抜けな内容だった。


「小嶋がAKBを卒業するという話は一昨年からあって、いままでズルズルと続けてきたのです。メンバーのままならば何らかの仕事があり、居心地がよかったからです」(AKBライター)

小嶋は4月3日発売の週刊誌に“ラストグラビア”の名目で表紙とグラビアに登場している。目新しさのない写真だったためファンをがっかりさせた。さらに前述の卒業コンサート『こじまつり~小嶋陽菜感謝祭~』の模様を収録したDVDを、卒業日のきょう4月19日にリリースしている

「一応、明日からは卒業生、OGなので“閉店セール商法”は使えません(笑)。ただし写真集やDVDで“未公開カット発掘”は間違いなく出すでしょう」(アイドル評論家)


以前、一部の雑誌がリサーチしたところによれば、小嶋は指原梨乃の年収4500万円に次ぐ4000万円はあったという。


「演技が特別うまくできるわけでもできない。しゃべりも際立ってうまいわけじゃない小嶋が、順調にソロでやっていけるとは思えません。それは本人が一番自覚しているのではないでしょうか」(同・評論家)


昨年6月に、「選抜総選挙には出ない」と発言して、ようやく卒業が具体化したとき、芸能メディアのあいだで「結婚相手がすでにいるのでは?」という話が伝わった。噂された相手はアパレル系の会社のオーナー社長で、小嶋はファッションデザインをやりたいというようなことも言っていたので、辻褄は合うが…。


数千万の年収がなくなっても大丈夫なのか、厳しくてまだまだあの手この手の“商売”を繰り広げるのか。卒業後の、こじはるに注目だ。

■プロレス転身?AKB島田晴香18日「SHOWROOM」で卒業発表

AKB48のメンバーで、プロレスキャラがファンの間で定着している島田晴香(24)がグループを卒業することが17日、分かった。18日午後11時頃から動画配信サービス「SHOWROOM」でファンに生報告する予定。

 島田は島崎遥香や横山由依(24)と同じ9期生として09年に加入。選抜総選挙は初参加の第2回から昨年の第8回まで一度もランクインしていないが、体格の良さから女子プロレス団体から誘いを受けるなどプロレスキャラとして独自路線を確立。放送中のテレビ朝日ドラマ「豆腐プロレス」でもヒール役を怪演している。

 卒業時期は未定。6月の選抜総選挙には立候補している。卒業後も芸能活動を続けるとみられるが、過去にバラエティー番組でプロレス転身の意向を示したこともあり、今後の進路についてどこまで言及するか注目される。

■元AKB、秘密交際クラブで荒稼ぎ 「まゆゆとレッスン受けたことも」

「現在ではどこも軒並み“大人の男女の出会いをプロデュース”などと謳っています。あくまで交際の仲介という建前で、ただちに法には触れない。女性からすれば水商売より手っ取り早く稼げるので、希望者は後を絶ちません」


 こうした業界ではしばしば“元芸能人も在籍”といった触れ込みが宣伝に用いられる。その真贋は往々にして定かでないのだが、先の事情通いわく、


「半年ほど前にオープンした『セーシェル銀座』というクラブは、提携店と合わせて2000人の女性が在籍。タレントの卵やAV女優などに交じって、AKB48のメンバーだった女性もいます」

同クラブは、男性が会員登録時、紹介可能な女性に応じて5万~20万円の入会金を支払う。女性は上からSV、V、S、A、Bとランク分けされ、対面するには別途「セッティング料」と「お手当」が必要。SVクラスの女性となればそれぞれ10万円が相場で、この元AKBも同格の扱いだという。

「1カ月前にスカウトされて入りました

15人くらいと会って、月に100万は稼いだかな。金持ちって変な人が多いよ。この前は地方に呼ばれて、デパートで高級ブランドのアイフォーンケースと巾着袋を買ってくれたんだけど、ホテルに行っても何もしない。で、『仕事があるから帰る』って最後に交通費で10万くれたからラッキーだった。結局、4時間で私に30万くらい使ったのかな」

 10代の頃、AKBの初期メンバーとして数カ月活動した彼女は、その後フリーターで生計を立て、1年ほど前からラウンジで働いている。こちらの稼ぎも、

「時給6000円だけど、エッチなしで飲みに来るお客さんばかりで、『カードの請求がやばい』『引っ越し費用が』とか相談すると、ポンと10万くれたり……。だから、こっちでも月100万になると思う」

自身のアイドル時代といえば、


「まゆゆと一緒にレッスン受けたこともあります。劇場には数回立ったけど、音が被るからって基本は口パク。踊りも歌もみんな下手だし、もういいやって冷めちゃった。握手会の時なんか、終わった瞬間みんな『きたなーい』って、洗面所に並んでいましたよ」


 これまでもAKBグループ出身のAV女優が話題となったことはあったが、


「当時の私の収入は月5万くらい。今、ちょっと売れている子でもOLレベルでしょ。だからAVに流れるんです。この仕事始めたのはとにかくカネで、芸能界に全く未練はない。今後は、人数を絞って太い客を見つけていきたいですね」


 札束次第で“会いに行ける”というわけだ。

■こじはる 19日の卒業公演「楽しみ」サプライズは「そんなにない」

AKB48の小嶋陽菜(28)が15日、都内で行われたファッション雑誌「sweet」(宝島社)のファッションイベントに登場し、19日に控える卒業公演について「楽しみ」と語った。

 自身の29回目の誕生日に東京・秋葉原のAKB48劇場で開催されるラストステージ。小嶋は「きのう、やる曲も決めました。メンバーが80何人出るし、楽しみにしてます」とし「サプライズはそんなにないです」とニッコリ。グループの黄金時代を支えてきた一人だけに、OGメンバーの集結も予想されるが「まだ、ちゃんと話してない」とかわした。

 6月17日に沖縄県豊見城市の豊崎美らSUNビーチで行われる第9回選抜総選挙にも言及。応援するメンバーとして、同期の峯岸みなみ(24)の名を挙げ、1位予想については「分かりません。情報がなくて」と笑った。

■AKB木崎ゆりあ卒業発表「おなかいっぱいだなと」

AKB48木崎ゆりあ(21)が12日深夜、「AKB48のオールナイトニッポン」に生出演し、グループ卒業を発表した。「私、木崎ゆりあはAKB48を卒業させていただきます」と、自ら切り出した。卒業理由を「13歳から今日までやってきて、アイドル人生おなかいっぱいだなと。これからは自分がやっていきたい演技について真剣に考えなきゃいけない」と説明した。

 この日の発表は事前に決めており、48グループ総監督横山由依(24)、入山杏奈(21)とともに出演した。発表し終わると「1人じゃめちゃめちゃ怖いから、ゆいはんとあんにんに一緒にいてもらった。こんなすてきな場所で、ファンの方に直接お伝えできるのはありがたい。ありがとうございますという気持ちでいっぱいです」と感謝した。

木崎に涙はなかったが、発表を聞いた入山は悲しみのあまり、木崎に抱きついて涙を流した。木崎から「泣かないって言ったじゃん」と突っ込まれると、「泣いてない」と泣きながら言い張った。

 愛知県出身の木崎は、09年にSKE48の3期生として48グループに加入した。デビュー後すぐに選抜入りするなど、若手のホープとして期待された。14年にグループの大組閣祭りでAKB48へ異動し、同年公開の映画「柘榴(ざくろ)坂の仇討」、ドラマ「GTO」に出演。女優という夢に向かって活動していた。今年は選抜総選挙への出馬を辞退していた。

 卒業時期は「年内としか決まってない」と話し、「握手会にも来てほしい」と最後までアイドル活動をまっとうする意向を示した。

■AKB田名部生来、3期生10周年公演で卒業発表 昨年じゃんけん女王

AKB48の田名部生来(24)が8日、東京・秋葉原のAKB48劇場で行われた『3期生10周年公演』でグループからの卒業を発表した。

 アンコールで田名部は「超盛り上がってるところ申し訳ないんですが、私から1つ発表がございます」と切り出すと「私、田名部生来は、AKB48を卒業します」と発表し、劇場は「え~!」とどよめきに包まれた。

田名部は涙ながらに「1年くらい前から考え始めていて、10周年を迎えるまで必死に頑張って、大好きなメンバーに見守られながら発表したかった」と告白。「立派な同期の中であまり日の目を浴びない10年間でしたが、去年、じゃんけん大会で優勝して、自分の拳でてっぺんをとりました」と胸を張ると、「いつまでもAKB48に甘えていては、自分の目標だったり、夢はかなわないなと思いました。残りのAKB人生を精一杯、私らしく突き進みたいと思います」と泣きじゃくりながら宣言した。

 酒好きキャラで知られる“たなみん”こと田名部は、渡辺麻友(23)、柏木由紀(25)らと同じ3期生として、10年前の2007年4月8日に劇場公演デビュー。昨年9月の『第7回じゃんけん大会』で優勝し、上位7人のユニット曲「逆さ坂」(昨年12月発売)でセンターを務めた。卒業公演は未定だが、握手会は7月23日が最後となる。

■卒業を発表したAKB48・大島涼花 ジャニーズJr.との交際疑惑も

AKB48・小嶋陽菜が4月19日に卒業公演を控えている中、今年は同グループから、卒業するメンバーが続出している。関係者によると、「小嶋のように自ら卒業を決める者もいるが、直近の卒業メンバーの半数以上は、プライベートでの問題が原因による強制的なもの」(芸能プロ関係者)なのだという。

「AKBの運営は現在、メンバー当人の意思とは関係なく『強制卒業』に近い措置を発動させています。2月に卒業を発表した鈴木まりや、中田ちさとは、それぞれ25歳、26歳という“年齢の問題”で肩叩きにあったそう。両者の卒業公演は4月後半に予定されています」(スポーツ紙記者)

 次々に新しいメンバーが加入する世界では、致し方ない措置かもしれないが、その一方で“素行不良”が原因で卒業を言い渡されたメンバーも多いという。

「3月に卒業した大和田南那と西野未姫はともにまだ17歳ですが、昨年、元ジャニーズJr.の樋口裕太やイケメン読者モデルの男性と、深夜にダブルデートしている姿をスクープされました。また、今年1月に卒業を発表した横島亜衿も、Mr.KINGメンバーである平野紫耀とのツーショット写真が流出したことがあり、それぞれこうしたプライベートでの問題が原因で、卒業となったと聞いています。そのほか4月に卒業公演が予定されている高橋希良も、素行に問題があったのではないかといわれているんです」(前出・芸能プロ関係者)

さらに、運営から将来の活躍を渇望されていたという大島涼花も、今月23日に卒業を発表。卒業公演は6月に行われるとのことだ。

「大島に関しては、実際に運営側が『強制卒業システム』を発動させたわけではなく、彼女自身が『お芝居がしたい』という理由で卒業を決めたそう。ただ、あまりに問題児だったため、『もっと早く強制卒業させておけば……』といった声が運営側から出ているといいます。なんでも大島は、以前からジャニーズJr.との交際が問題視されて注意を受けていたものの、反発して別れなかったとか。それに加えて、ほかのメンバーに男性タレントを紹介していた、という話も。過去に、峯岸みなみがメンバーと男性タレントの合コンを開催していたことが大問題になったこともありますが、それと同じような話ですね。運営側は前々から、大島に対して、半ばサジを投げたような状態だったといいます」(同)

 大島の卒業を機に、48グループ全体で、強制卒業システムが定番化する日もそう遠くはないのかもしれない。

■小嶋陽菜、『Mステ』卒業ステージにメンバー感慨「最後までずるい」「きっと私もラスト…」

小嶋陽菜が3月31日の『ミュージックステーション 3時間SP』(テレビ朝日系)でAKB48として最後のパフォーマンスを披露した。彼女が4月19日に卒業公演を行うことから「小嶋陽菜卒業記念」に自らプロデュースした「5分半」のステージは『スカート、ひらり』~『ハート型ウイルス』~『シュートサイン』をそれぞれ別の設定によるメドレーで繰り広げ、“こじはる”ラストステージにふさわしい豪華な演出となった。

『スカート、ひらり』は2006年6月7日に発売されたAKB48のインディーズ2作目シングルで、オリジナル選抜メンバーは「板野友美、大島麻衣、小嶋陽菜、高橋みなみ、中西里菜、成田梨紗、前田敦子」だった。小嶋陽菜がラスト『Mステ』で一緒に歌ったのは「渡辺麻友、指原莉乃、柏木由紀、松井珠理奈、山本彩、横山由依」で、当時の衣装を再現している。

『ハート型ウイルス』は2008年10月より始まった『AKB48 チームA 5th Stage「恋愛禁止条例」公演』で披露して以来、歌い継がれる人気曲だ。オリジナルはユニット曲で当初は「大島麻衣、小嶋陽菜、川崎希」が担当した。

■大島優子、前田敦子…「元AKB女優」の好演が光った今期ドラマ

1 2 3 4 5 ... 65 66





時事系のメルマガを08年から配信と(平日刊)。他に競馬(週3回)のメルマガを配信しています。他では自閉症の息子関連ブログなど



  • 話題の動画をまとめよう