1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

kohojさん

オーブリー・ヴィンセント・ビアズリー(Aubrey Vincent Beardsley, 1872年8月21日 - 1898年3月16日)は、イギリスのイラストレーター、詩人、小説家。ヴィクトリア朝の世紀末美術を代表する存在。悪魔的な鋭さを持つ白黒のペン画で鬼才とうたわれたが、病弱ゆえに25歳の若さで夭折した。

漫画家では山岸凉子や魔夜峰央がビアズリーからの影響を自認しているほか、手塚治虫もその作品『MW』で彼の作品の模倣を行なっている。

オスカー・ワイルド作「サロメ」の挿絵も手がける

他の絵を見たことがなくても、この絵は見たことがある!という方も多いのではないでしょうか。

「サロメ」をめぐる物語

パリから帰国後、オスカー・ワイルド作『サロメ』の挿絵を描く契約を結ぶ(本来ビアズリーはこの作品の英訳者になることを望んでいたが叶わなかった)。この作品の挿絵を描くように慫慂したのは作者ワイルド自身だったが、ビアズリーの絵は「僕の劇はビザンチン的なのに、ビアズリーの挿絵はあまりに日本的だ」との理由により、ワイルドには気に入らなかった。作者を揶揄する内容の数枚の挿絵もワイルドを怒らせた。

1 2