1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

島左近さん

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★ ★

英語学習おける「4つの大きな間違い」

野口悠紀夫氏が超「英語法」の中で指摘する英語学習おける4つの間違いとは・・・。
 (1) 英会話教室に通う。
 →英語学習の目的が漠然としがちで、供給者の論理に落ち込む可能性がある。
 (2) 話せるようになりたい。
 →実際に使う英語とは聞く方がはるかに多く、聞ければ自動的に話せる様になる。
 (3) 正しい発音を身につけたい。
 →ユーザー視点が重要で、仕事では挨拶よりも専門用語が必要だったりする。
 (4) 文章を単語に分解する、翻訳する。
 →単語に分解できる日本語と異なり、話し言葉の英語では文がひとまとまりになる。

出典「超」英語法

英語=勉強ではなく、スポーツであると経済評論家の勝間和代氏は述べています。

『英語はスポーツに近い。急にうまくなるのではなくて、素振りと基礎練習をして、たまに試合をすると上達したのが分かる。』

★あるデータによると、英語学習の途中の挫折率“75%”

英語の学習で一番大切なこと。何よりも大切なことは継続すること。そして、継続するためには楽しく、手軽な方法じゃないと続きません。

「英語に自信のない初心者がやりがちなのは、まずは文法などの英語の基礎から勉強してしまうこと。しかし、多くの人は学校で基礎を習っている。それを再び、最初から勉強しようとするのは退屈で、飽きてしまいがち。英語力を高める上では結果的に遠回りになるケースが多い」

出典「NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法」川本佐奈恵(祥伝社)

①20歳過ぎて、英語を学ぶ時は、一体何から手を付ければ良いのでしょうか?

▶︎ つまり最初は聞くこと(リスニング)から始めるのがポイント!!

Googleに日本法人社長も務めた村上憲郎氏は著書「 村上式シンプル英語学習法」の中で次のように書いてます。

『英語のリスニングは、耳を鍛える筋トレのようなものです。どうしても若い方が有利で、30代以降の人の弱点になりやすい。1日3時間は無理でも、1日1時間×3年間、合計1000時間のヒアリング訓練をなんとかやってほしいです。』

出典村上式シンプル英語学習法

② それでは、聞くための教材は何を使うのか・・・・?

▶︎ 教材の質が極めて高く、良心的な価格の「NHKラジオ英会話」から始めるのが断然おすすめ !!

英語を学ぶ方法はいろんなアプローチがあります。映画、音楽、インターネットなど。その中で、私は日常会話表現が満載で、携帯プレーヤを使えばいつでも何度でも聞ける。英語教材(NHKラジオ英会話など)をすすめてます。いつでも何度でもというのがこの学習法のポイントです。映画も悪くありませんが、画面の前という制約があります。

★なぜNHKの英語講座はなぜ良いのでしょうか?
①「教材を作成している先生のレベルが高く、内容の質が高いこと
② 1ヶ月のテキストが1冊420円と抜群に安いこと

出典「NHKの英語講座をフル活用した簡単上達法」川本佐奈恵(祥伝社)

@aaasunchan さん 英語の講師をしているものです。英語を話せるようになりたいのであれば英会話学校に行くか予算の上で余裕がない場合はNHKラジオ英会話をおすすめします。

ずいぶんひさびさにNHKラジオ英会話を聞いた。昔と基本は変わらないけど高校生もレベルの高い大人も楽しめるようによく工夫されているね。テキスト代安いしあんなにためになる英会話レッスン、高いお金出す英会話教材よりずっといいと思う。

日本人の英語力向上に貢献し, グロ転に貢献したい. 日本は生まれ変わらなければならない. そのきっかけが, NHKラジオ英会話を気軽に聞けるプログラムであればいい

@kurara_n_n 結局,値段が高いものは質がいい.というのが,実際ではなかろうかと思っている.... 根性あれば,NHKラジオ英会話をコツコツやりながら,Skype英会話で腕試しというのが一番コストパフォマンスいいとおもう.

英会話教材に迷ったらNHKラジオ英会話!?:何故かと言うと、①テキストが薄いので無理なく学習できる。②値段は380円③ラジオを予約録音しておくと、便利④別売りCDを買っても、1500円程度。ちょっと迷っている方は、本屋さんによって、20分程度でOKですので、チェックしましょう!

1 2 3