1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

BlueMondayさん

おなかが大きくなると、妊娠前と同じ姿勢で眠ると、息苦しくなったり、眠りが浅くなることがあります。

仰向けに寝ると、低血圧になることもあります。

大きくなった子宮が下大静脈を圧迫して、心臓に戻る血液の流れが滞るために起こるようです。

仰向けに寝たときにふと気が遠くなるような感覚があったら、体を横向きにし、シムスの体位をとると楽になります。

「シムスの姿勢」って?

シムス位とは「うつ伏せに寝て片足を曲げる姿勢」または「体の左右どちらかを下にして横になって、上になった方の足を軽く曲げて前に出して寝る姿勢」です。

「シムス位」は、アメリカで婦人科学の父と呼ばれたDr.James Marion Simsによって19世紀に考案された体位です。

「シムスの体位」は妊婦さんにはとっても楽な姿勢だといわれています。全身の力が抜けてリラックスでき、寝つきがよくなります。

知らなくても、楽な姿勢をとったらそれがシムスの姿勢だったということもあるかもしれません

どうやるの?

クッションや抱き枕を使うと、より負担が軽くなります。

1.左右どちらか楽なほうにややうつぶせ気味に横になります。

3.上側になった足は少し前に出して曲げます。

4.下側の手は背中のほうに回します。この場合、手は曲げて頭の下においてもかまいません。

右側を上にして

妊婦さんが左側を上にして寝ると、大きなおなかで大静脈がつぶされ、心臓へ向かう血行が悪くなって寝苦しさを感じてしまうのです。

静脈のそばを流れるリンパ管も圧迫されるので、手足などの末梢から戻ってきたリンパ液の流れが阻害されて、むくみや静脈瘤の原因にも! 特にむくみやすい人は、右側を上にして寝るといいのです。

この姿勢がママにも赤ちゃんにもベストで浮腫をやわらげ、老廃物の排泄を促し、赤ちゃんに栄養を届きやすくしてくれます。

生殖器のあたりをやわらかく保護するために潜在的な安心感が高まり、安眠しやすいともいわれている。

臨月は上半身を高めに

臨月になると、胃が上へと圧迫することによって眠り辛い時も…

枕を2段か3段にして横向きになって寝ると、嘘のように胃のあたりが楽になって寝やすいです。頭を高くすることによって胃からの逆流を防ぎ、胃が軽くなった感じになります。

うまくいかないという人は…

シムスの体位がしっくりこない人の中には、「肩や腕がしびれてしまう」「腕が背中の方に回ってしまう」ことなどに違和感があるようです。

それらは、枕の高さや形に関係しています。また、頭、肩、腕、おなか、脚の高さや位置が自分に合っていないと、少し辛い体勢になってしまうかもしれません。

1 2

関連まとめ