1. まとめトップ

【保険相談の味方?それとも実は敵?】 「ほけんの窓口」の活用方法

街角で保険について相談出来る「ほけんの窓口」について、損しないように活用方法をまとめました。

更新日: 2015年07月28日

potato712さん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
4 お気に入り 39434 view
お気に入り追加

保険の選択、正しくできていますか?

日本人は月平均35,000円の保険料を支払っているそうです。

公益財団法人 生命保険文化センターの調査によると、1世帯が生命保険に年間で支払っている保険料は平均で約415,500円/年だそうです。つまり、一ヶ月あたり約35,000円の保険料を支払っているそうです。あくまで「平均」ですので、これ以上払っている人もいますし、これ以下の方もいます。

どこまでお金をかけるべきか、どの会社のどのプランにするべきか悩んでいる方が多いと思います。

学資保険とか年金貯金とか和康の保険とか悩むー。。 日々、どんどん書類が増えてく\(^o^)/涙

郵便局に、長女の学資保険の相談に行ってきました。 子供の死亡保険金特約の有無で、満期保険受取金の上下が違うとのこと。子供の死亡保険金特約が必要か悩む。

保険で悩む新人さんを見ながら、四年前は自分もそうだったなと思い出す今日この頃。保険はお守りというが、お守りも“交通安全”“家内安全”といったように求めるニーズは多種多様。 要は、納得してかけられるかは求める側のリサーチ次第。(保険会社内定者だった私。笑)

「ほけんの窓口」では複数の保険会社の商品が同時に比較できるということで人気が出ています。

ほけんの窓口などの代理店で相談するといい、見直しをすると数倍いい保険になるなどは、保険会社ですと1社独占です。なので、他から探す事が出来ません。もしあなたにとって良い保険が他社にあっても、保険会社ですと無理やりそこで契約する事になり後悔だけが残ります。

ほけんの窓口の様な代理店ですと数十社の保険会社から選べる

これだけ代理店でプロのFPが相談に乗るのだからかなり高いお金を請求されるのだろうと思っていらっしゃる方もいるでしょう。しかし、相談に乗るだけなら無料で提供されてるのです。

「ほけんの窓口」について、Twitter上の声

その点、いろんな企業の保険商品が置いてある「ほけんの窓口」は革命的でしたよね

@Areyou_fetter @sakanaiwasi 私もほけんの窓口みたいなとこで教えてもらったよ。持病があっても入れるやつ〜とかよくわからんかったから、必要事項書いて合う保険紹介してもらったよ!

ほけんの窓口行ってきました~(*´∀`)♪ すごくよかった!!旦那に万が一の事があった場合等も考えてライフプランシミュレーションもしてもらいました♪ 結局学資保険ではなく長割終身保険で積み立てて行く事に。その他の保険の補償額もみたいので、保険証券を持って明日契約に行く事に!!

ほけんの窓口とは?

ほけんの窓口グループ株式会社(ほけんのまどぐちグループ)は、東京都渋谷区に本社を置く、来店型の保険代理店を運営する企業である。来店型の保険代理店を「ほけんの窓口」「みんなの保険プラザ」「ほけんの専門店」の3ブランドで展開している。

取扱い保険会社は合計36社(生命保険会社21社・損害保険会社15社)

ほけんの窓口には、ファイナンシャルプランナーの方が常駐しています。

ファイナンシャルプランナーとは略してFPと呼ばれますが、資金面から自己実現をサポートする専門家です。

専門知識を持って長期に渡る資金計画を立て、資金面から依頼者の夢や目標を実現する手助けをするのがファイナンシャルプランナーの仕事になります。
日本FP協会では、「家計のホームドクター」という名称がつけられ、依頼者の家族構成、資産、収支などを基に現状を分析し、今後の改善点などを見出していきます。

保険の知識がゼロの状態でも、基礎から丁寧に説明してもらえるので初心者の方にも安心です。

「中立な立場でアドバイスをしてくれる」とはいうものの、もちろん裏があるという考え方もあります。

1 2





potato712さん

ニュース速報がメイン。
ネット上の情報を整理しつつ、時事ニュース通になることを目指しています
(`・ω・´)ゞ