1. まとめトップ

【知らないとヤバい】トマト缶が危険!不妊の原因にもなり得ると専門家がコメント

トマト缶が危険と専門家がコメント。健康を意識してトマトをたくさん食べるためにトマト缶を利用している人は注意です。放射能被害や食品誤表示など食物に関する危険が多いこの頃ですが、生産地が安全なら安心とも言い切れないようです。生産地だけでなく加工方法にも注意したいところです。

更新日: 2014年01月25日

106 お気に入り 163976 view
お気に入り追加

ホールトマトやカットトマトなど手軽にストックしておけて、とっても便利です。トマトは身体に良いと言われているので積極的に摂取している人も多いのでは。

▼「専門家が食べない七つの食品」の一つ目に「缶詰トマト」を発表

トマト缶内部にはビスフェノールA=BPAを含む合成樹脂が塗られている

心臓病や糖尿病、生殖器官の病気、肥満などの病気に関係している

特に酸味の強いトマトやトマトソース缶は 酸がBPAが溶け出すのを助長することから いろいろある缶詰の中でもBPA含有率が高い

トマト缶1リットル分にビスフェノール50mcgが入る計算で、これは人間の精子数を減少させたり、卵子を傷つけるのに十分な量である。

諸外国では問題になっているらしいので。
 安全なものにはBPAフリーって表示、あるみたい

紙パックにも合成樹脂が塗られているものがあるみたいだけど、ポリエチレン加工のものは大丈夫みたい。

ポリエチレン加工が安全と判明した記事はないので、大丈夫とは言い切れません。

PET樹脂を使ったペットボトルだって 有害物質アンチモンが溶け出すことが問題視され始めているし 石油系プラスチック合成樹脂の安全性は正直いって未知

1





みそしるさまさん