1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

高速バスが大型トラックに衝突し、2人が死亡、乗客ら24人が重軽傷を負った事故で、死亡した小幡和也運転手(37)は2月の休日が3日間しか取得できず、3日まで11日連続で勤務していたことが4日、バスを運行した宮城交通(仙台市)への取材でわかった。

 同社は「遠方に向かう受験生やスキー客の需要が高く、繁忙期だった」と説明している。

 同社によると、小幡運転手は1日は仙台市内で路線バスを運転、午後1時前から同11時前まで約10時間勤務した。運転業務は8時間程度だったとみられる。2日は夜からの勤務だった。

工場でも全員が正社員なのが当り前だった日本の職場が、パート、派遣、下請けなどの自由化で「雇用破壊」を起こしてから久しくなった。国際競争力のために必要だと説明されてきたのだが、それが職場の中に明からさまな差別として持ち込まれるのでは正義に反する。「働き方の多様化」は、野放しのままでは労使対等の原則を破壊する。

阿部容疑者の逮捕容疑は、アクリ社の群馬工場内で、昨年10月3日ごろから同7日ごろまでの間に、4回にわたって工場で製造している冷凍食品にマラチオンを混入し、工場に冷凍食品を回収させたり、操業を停止させたりする措置を余儀なくさせ、偽計を用いて業務を妨害したというもの。

 アクリ社は1月10日、農薬の混入によって業務を妨げられたとして、業務妨害の疑いで被害届を提出。県警が受理し、従業員に対する任意の聴取などを続けていた。

食品大手「マルハニチロホールディングス」の子会社「アクリフーズ」群馬工場(群馬県大泉町)で製造された冷凍食品に農薬マラチオンが混入されていた事件で、群馬県警は25日、同工場契約社員の40歳代後半の男について、偽計業務妨害容疑で逮捕する方針を固めた。

県警によると、室内にいるのは50歳代の男性のみとみられるが、猟銃を持っているおそれがあり、県警は25日午前1時現在、捜査1課特殊捜査班(SIT)を現場近くに待機させている。銃声のような音が聞こえる前に女性が何度か電話をしたところ、男性は「誰か入ったら撃ち殺す」「遺書も書いている」などと話していたという。県警は周辺の住民に避難を呼びかけ、一部は近くの公民館に避難した。

24日午後5時10分ごろ、愛知県春日井市出川町5丁目のアパートに住む男性の知人女性から「元同僚の男性が自殺すると言っている」と110番があった。県警が、男性が住むアパート1階の部屋付近を調べていると、午後8時15分ごろに室内から銃声のような音がした。

散弾銃の所持許可証を持っているということが分かり、愛知県警は現場のアパート周辺への立ち入りを規制、住民を避難させた上、刑事部捜査一課の特殊捜査班「SIT」を投入

愛知県春日井市のアパートで立てこもりの続報です。

 男は銃を持っているという情報もあり、自殺をほのめかして、「誰かが入ってきたら撃ち殺す」と話しているということです。これまでのところ、人質がいるかどうかはわかっておらず、愛知県警では現在、捜査1課の特殊班・SITを投入し、状況を確認しています。

1