高速バスが大型トラックに衝突し、2人が死亡、乗客ら24人が重軽傷を負った事故で、死亡した小幡和也運転手(37)は2月の休日が3日間しか取得できず、3日まで11日連続で勤務していたことが4日、バスを運行した宮城交通(仙台市)への取材でわかった。

 同社は「遠方に向かう受験生やスキー客の需要が高く、繁忙期だった」と説明している。

 同社によると、小幡運転手は1日は仙台市内で路線バスを運転、午後1時前から同11時前まで約10時間勤務した。運転業務は8時間程度だったとみられる。2日は夜からの勤務だった。

出典11日連勤の末…ハンドルひしゃげ原型とどめず (読売新聞) - Yahoo!ニュース

前へ 次へ