1. まとめトップ

この記事は私がまとめました

daiba49さん

「黒豆茶の水溶性食物繊維」を一緒に摂る

がっつりスイーツの糖質が気になるなら、水溶性食物繊維の「ペクチン」や「スクワレン」が含まれる「黒豆茶」はいかがでしょう。その食物繊維は、糖の吸収を抑える働きがあるようです。

他にも「大豆サポニン」が含まれるので、コレステロール・脂質・中性脂肪を、吸収抑制、除去、減少させてくれる効果も期待できます。また、善玉菌のエサになる「オリゴ糖」も含まれ、女性の美と健康に大きく影響する「大豆イソフラボン」も含まれるので常飲するのがおススメです。

◆「ウーロン茶重合ポリフェノール」を一緒に摂る

お酒を飲まない、飲めない人の脂肪肝が増えている

お酒を飲まなくても、糖質の多い食事を続ければ、誰でも脂肪肝、肝疾患になり得る。
なんと日本人成人の1/3が脂肪肝。

一口食べて箸をおき30回噛むそれだけで血糖値上昇を防ぐ

血糖値コントロールでもっとも簡単で効果覿面なのが、ゆっくり食べること。
生卵や納豆でご飯をかっ込む食べ方は良くない。

「インドカレー」などを選びましょう。レッドペッパー・ターメリック・クミン・カルダモンなどが、脂肪燃焼を促進してくれます。また、インド料理ならデトックス効果のある玉ねぎの漬物「アチャール」や、発酵食品のヨーグルトが原料である、砂糖の入っていない「ソルトラッシー」もダイエットには最適です。

1