約2000年以上にわたってそのままの色とかたちで残ること。
退色劣化を逃れられないオリジナル作品をはじめとする、
文化財の今後の記録保存のあり方に大きく貢献するものとして注目されています。

出典陶板でみる世界の名画!大塚国際美術館|おでかけコロカル 徳島編|「colocal コロカル」ローカルを学ぶ・暮らす・旅する

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

入館料は日本一高いし展示品は全部偽物だけど大人気!大塚国際美術館の魅力とは?

徳島県の鳴門市にある「大塚国際美術館」。あの大塚製薬が建てた美術館なのですが、本物は一つもなくすべてレプリカとなっており、しかも入場料が日本一高いんです!しかしとても人気があり、実際に訪れてみるとその値段に納得なのだとか。一体どんな美術館となっているのかまとめてみました。

このまとめを見る