1. まとめトップ

永作博美がメンバーだった「ribbon」ってどんなグループ?

今やドラマや映画に欠かせない存在になった女優の永作博美さんですが、デビューはバリバリのアイドルグループで、1990年代にはかなりの人気を誇っていました。シングル全13枚と共にribbonの軌跡を振り返ります!

更新日: 2019年02月02日

7 お気に入り 269719 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

年齢の割に若く見える女優No.1 永作博美

「年齢の割に若く見える芸能人」を調べたところ、永作博美(43歳)が1位となった。

永作は39.4%の人に支持されダントツ1位。理由としては「とても40代とは思えないし、変に若作りをしている訳じゃなく、いい年の取り方をしている」「少女のような雰囲気を残している」「肌がキレイ」などがあげられた。

1989年4月「パラダイスGOGO!!」の乙女塾1期生として登場

おニャン子クラブの代わりに「乙女塾」が誕生。
COCO、ribbon、Qlair、中嶋美智代(プロ野球サブロー選手の妻)、花島優子(美少女仮面ポワトリン)、堀川早苗(不思議少女ナイルなトトメス)などがデビュー。

1989年12月 アイドルグループ「ribbon」としてデビュー

左から佐藤愛子(15)、松野有里巳(16)、永作博美(19)
COCOに続き、番組から2組目のアイドルグループとしてデビュー。

明るいキャラクターで、バラエティーにも強かった。

デビュー曲はテレビアニメ「らんま1/2」主題歌

3枚目のシングル「あのコによろしく」がスマッシュヒット

4枚目「Virgin Snow」も続いてヒット

後に声優・野川さくらがカバー

シングル13枚、アルバム10枚をリリース

2枚目のシングル「そばにいるね」

5枚目「太陽の行方」

6枚目「サイレントサマー」

7枚目「それは言わない約束」

8枚目「Deep Breath」

9枚目「太陽に火をつけて」

1 2