1. まとめトップ
  2. カラダ

疲労感が抜けない...疲労の原因となる何気ない習慣

きちんと睡眠をとっているのになぜか疲労感が抜けないという方や、とにかくいつも疲れているという方、もしかしたらその疲労の原因は何気ない習慣にあるのかもしれません。

更新日: 2014年01月26日

770 お気に入り 573812 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

comcommさん

◆なかなか疲れがとれない...

@1024JSJbt ちゃんと寝てんだけどな なんでかなかなか疲れが取れね、

きちんと睡眠をとっているのになぜか疲労感が抜けないという方や、とにかくいつも疲れているという方、もしかしたらその疲労の原因は何気ない習慣にあるのかもしれない。

◆多くの人が慢性疲労を抱えてる

疲労を感じている約60%の人のうち、37%もの人が6ヶ月以上も疲れを感じたままの慢性疲労を感じていることが明らかになりました。

30代の女性は同年代の男性と同じく、10人に1人が1カ月以上続く疲れを感じているとの結果がでています。

慢性疲労症候群の目安とされている6カ月以上の疲れを感じている人が10人に1人います。

男性に比べると女性の方が、やや疲れていると感じている期間は短い

◆質の良い睡眠を取れていますか?

たかが睡眠不足、たかが疲れと甘くみていると、それはやがて、深刻な不眠症や心身症いった病気につながる

最悪な場合は、過労死につながってしまうこともあるので気をつけましょう。

実は、睡眠で疲れがとれるかどうかは、睡眠時間の長さとはあまり関係がない。大切なのは、質の良い睡眠をとれているかどうかなのだ。

睡眠の質が良ければ、たとえ短時間しか眠ることができなくても、しっかり疲れをとることができるという。

寝付いてから1時間後、つまりノンレム睡眠の真最中に揺り起こされたりすると、どうしようもない疲労感を感じます。

物音に驚かされたり、揺り起こされたりしない限り、人はレム睡眠のときに目を覚まします。夜中にトイレに起きることもありますが、尿意を感じてパッと目を覚ますのは、レム睡眠の時に限ります。

◆きちんと朝食を食べていますか?

食事を取らなくても、体内に蓄積された炭水化物によって1~2時間程度の運動は出来ますので、食事をとることの重要性が見過ごされがちですが、それは確実に影響を及ぼし突然に疲労となって表面化します。

朝食を食べていないグループでは、疲労感は時間の経過とともに増加しました。

◆ビタミンが不足していませんか?

①水溶性なので、洗うことによって流出してしまう

②水道水中の残留塩素によって分解されてしまう

③加熱調理によって破壊される

④たくさん摂っても体内には10mgくらいしか吸収されない

⑤日本人が摂取する食材にはビタミンB1を多く含む食品が少ない

ビタミンB1は不足してくると疲労感が強くなるとされています。

長時間寝ても寝不足が取れないとか、仕事中に精神の集中が続かないとかは神経の疲労が溜まっている可能性があります。

ビタミンB1は発熱や過労時に多く消費されるため、疲れたときには不足した分を補って、エネルギー代謝を助けてあげましょう。

主要なエネルギー源である炭水化物を分解してサイクルに取り込む過程で必要とされる

特に疲れがたまったと感じた時などには、医薬品のビタミン剤を活用しビタミンB1を薬用量摂取するのもひとつです。

◆パソコンの作業時間は大丈夫ですか?

VDT症候群とは、パソコンなどのディスプレイ(VDT:ビジュアル・ディスプレイ・ターミナル)を使った長時間の作業により、目や身体や心に影響のでる病気で、別名 “IT眼症(がんしょう)” とも呼ばれています。

パソコン作業によって、身体的な疲労や症状を実感している人は8割近く、このうち9割以上が「目の疲れや痛み」を実感しています。

疲労は、パソコンの作業継続時間や設置場所の工夫により軽減することができます。

パソコン画面が明るすぎるというものがあります。明るすぎる光を見続けると目に負担がかかるようです

1 2