1. まとめトップ

前歯だけの歯列矯正「部分矯正」の基礎知識まとめ

「部分矯正」ってご存知ですか?歯列矯正は、費用も時間もかかります。前歯だけでいいから、安く、はやく、歯並びを直したい!!そう思うことってありませんか?それを叶えてくれる「部分矯正」の基礎知識をまとめました。※部分矯正にも種類がありますが、今回はワイヤー矯正のみを紹介しています。

更新日: 2015年02月24日

107 お気に入り 581757 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

素数さん

歯列矯正って、前歯だけでも出来るんです。

部分矯正とは、前歯部(前歯の部分)に4~6個のブラケットを付けて歯並びを治す方法です。

部分矯正とは、矯正方法の一種で、一部の気になる部分のみ矯正をしたい場合はこの方法で、治療は短期間で済み、費用もぐんと抑えることができます。つまり、全ての歯に矯正器具を付けずに済みます。

部分矯正のメリットって??

こんな方にオススメ!

・前歯だけが気になる方 上顎前突(出っ歯)、叢生(八重歯)、空隙歯列(すきっ歯)、反対咬合(受け口)等
・仕事が忙しく、治療時間が取れない、治療費を抑えたいという方
・海外転勤や結婚式などに間に合わせたいという方
・過去に行った矯正の後戻りにお悩みの方

矯正方法はどんな?費用はいくら?

前歯だけの部分矯正(歯列矯正) の総額は、約35~約55万円くらいとなります。
総額は使用する装置の種類によって変わり、
・裏側から矯正する「舌側矯正(裏側矯正)」
・装置の色が目立たない「セラミック矯正」
・金属の「メタル矯正」
とあります。
装置の値段は舌側矯正(裏側矯正)が一番高く、メタル矯正なら装置料は無料となります。人に気づかれず治療したい方は、表から見えない裏側矯正での部分矯正がおすすめです。

裏側(舌側)矯正を選択する場合は、費用は基本料30~40万円、装置料15万円(外側メタルは0円、外側セラミック装置は5万円)の合計となり、チエック料もいれて総額50~55万円程度になります。

デメリットも知った上で、選択を!

一般的に言って、全体の矯正より出来上がりは劣る場合が多い
前歯のエナメル質を削ることが多い
妥協する点が発生する場合がある
出ッ歯は治りにくい場合がある

出来る人と、出来ない人がいます。

歯列全体の歯を動かさないため、全体のかみ合わせを調整することができません。よって、前歯以外の歯列がきちんと咬みあっている方が対象の矯正治療です。
具体的に言えば、すきっ歯を治したいという方はほぼ対象となりますが、出っ歯を治したいという方の場合、部分矯正ができない場合もあります。
一概に、「どのような状態であれば、部分矯正が可能です。」ということができず、専門医によるお口の中のチェックが必要です。

まずは無料カウンセリングを受診しましょう!

医院のホームページに書いてある矯正方法でも
歯の状態によってできなかったり、金額が高くなったりします。

矯正の種類について詳しく知りたい方へ

1