1. まとめトップ

あなたは大丈夫?こんな症状があったら、育児ノイローゼに注意!

育児ノイローゼとは、産後どの女性もが陥りやすい産後鬱の状態です。あなたはもちろんのこと、奥さん・お友達・娘さんは大丈夫ですか?

更新日: 2014年01月26日

62 お気に入り 1215121 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

脱毛Dr.さん

育児ノイローゼとは

育児ノイローゼの症状は次のようなものがあります。

・無表情になり、ぼんやりとしていることが多い
・元気がなくなり、話しかけても反応がにぶい
・うつろな目つき
・頭の中がパニック、思考能力の低下
・マイナス思考、悲観的な考え方になる
・関心・意欲の低下
・不眠症、睡眠障害
・注意力の欠如、もの忘れ
・家の中に閉じこもりがちになる
・食べ過ぎたり、極度に食欲が無くなったりする

育児ノイローゼの原因は?

育児の際、赤ちゃんと2人きりになる、いわゆる密室育児が育児ノイローゼになる原因の一つだと思われます。

育児は想像以上に大変なものです。育児からくるストレスは相当なものだと思います。それなのに、そのストレスを発散する機会がないと育児ノイローゼになってしまうのは当り前かもしれませんね。

女性は出産後、ホルモンのバランスがくずれて平静でいられないことがあります。これは、マタニティー・ブルーと呼ばれ、生理学的にも立証されています。

お母さんの性格が真面目な方ほど育児ノイローゼになりやすいようです。子供を育てるという責任感から完璧なママを目指して無理をしてしまうのです。

初めから完璧にできるお母さんなんていないのです。完璧を求めず、「これくらいでいっか」という気持ちを持ちましょう。

夫や家族のサポートがなく、家事や育児を一人でこなしている。

育児は想像以上に大変な仕事です。これを誰のサポートも無く行うことは不可能です。

望んで産んだはずなのに・・・・

育児ノイローゼは、放っておくと、児童虐待につながるケースが多いです。

ミルクをあげても、おむつを変えても、抱っこをしても、泣き止まない。

耐えれなくなったわたしは、頬を叩いてしまいました。
更に追い討ちをかけるように泣く渚沙。


そのままわたしは部屋を締め切り、渚沙を一人閉じ込め、泣き止むのをひたすら、
ただひたすら待ちました。

暫くし泣き疲れ寝てしまった渚沙の顔は、頬がすこし赤く、涙をためていました。

なんてことをしてしまったんだろう、こんなに愛おしいのにどうして、
きっとすごい痛かったんだろう、わたしは自分を責めました。

赤ちゃんが泣きやまないことで、揺さぶってしまうために起こる「揺さぶり症候群」による事故

母親の母乳が出ていなかったために、赤ちゃんが泣きやまず、父親が死亡させてしまったケース

育児ノイローゼチェックをしてみよう

5つ以上当てはまるようでしたら、育児ノイローゼを患ってしまっている可能性が高いと考えます。その場合は、信頼できる第三者にご相談いただくことをおすすめいたします。

1.育児において激しい孤独感を感じてしまう。

2.父親や母親、姑などに苛々をぶつけてしまう。

3.子供にプチ虐待をしてしまっている自覚がある。

4.産後に比べ体重が激減している。

5.些細なことでイライラしてしまう。

6.炊事洗濯にやる気が出なくなってしまっている。

7.しっかり寝ても前日の疲れが取れない。

8.育児で睡眠時間が激減してしまっている。

9.睡眠中夢をよく見て深い眠りにつくことができない。

10.人と話すことが苦痛になっている。

育児ノイローゼにならないために

①産後に休養の期間をもつ

産後の母親は心身ともに消耗している時期ですので、
産後の1ヶ月、もし可能なら3ヶ月ぐらいは、休養の期間をとるようにしましょう。

リラックスするために、産婦の里帰りもオススメです。

②わからないことは人に聞く

子育ての知識の豊富な助産婦さんなどに、わからないことを教えてもらう機会を持ちます。

今は核家族の時代ですから、実家の母親がつきっきりで面倒をみたり、
アドバイスすることができにくくなりました。

日頃から何でも相談できるママ友をつくっておくことも大切です。

③育児日記をつける

イライラや不安は、子育ての中で多くの母親が体験するものですが、
その原因の一つに、変化の無い単調な日々の繰り返しがあります。

しつけを繰り返すことの中に変化はないと思われますが、
小さな変化の積み重ねが、子どもの成長に繋がります。

育児記録は簡単なもので結構ですので、
メモ程度でも残しておくと、変化の過程がわかり、安心することができます。

④うつの症状を感じたら、すぐ病院へ

うつ病の初期徴候として、不眠や動悸・無気力などの症状があらわれたら、
すぐに精神科や産婦人科に相談しましょう。

そして母親に十分な休養をとらせ、専門家の適切な指示に従って、
夫や周囲の人間が協力をすることが大切になります。

1