髪は濡れている状態が一番痛みやすく、そのまま寝て枕で摩擦…なんてのは最も避けたいこと。
熱を当てる時間が短くてすむよう、水滴がたれなくなるまでタオルドライをして、
ドライヤーで髪の中のほうまでしっかり乾かすこと!
熱対策のヘアクリームも忘れずに。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

くせ毛に悩まない!くせ毛、天パとうまく付き合う方法~実践編

本当にひどいくせ毛の筆者(女)が、30年余り悩み続け、現在も試行錯誤を続けている様子をお伝えします。基本的にものぐさなので、面倒なブロー、アイロンは無し。我流ですが、くせ毛に悩む皆様の参考になれば幸い。※注意!縮毛矯正、ストレートパーマはご紹介しません!

このまとめを見る