1. まとめトップ

【イタリア旅行会話】これだけ覚えれば何とかなるイタリア語まとめ【音声あり】

旅行中、これを知っていれば最低限生きていける言葉・よく使う言葉をまとめました。

更新日: 2014年02月07日

139 お気に入り 113469 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

abnrさん

私の経験上ですが、

・こんにちは
・さようなら
・ありがとう
・すみません(→英語のExcuse meにあたる言葉)
・~をください(→英語のPleaseにあたる言葉)
・飲み水
・トイレはどこですか

以上が話せれば、なんとかなります。

発音も、カタカナ発音で通じました。

こんにちは:ブオンジョルノ(Buongiorno)

余裕があれば、こんばんは:ブォナセーラ(Buonasera)も覚えましょう。
店に入ったときは必ず言いましょう。

さようなら:チャオ(Ciao)

やぁ/じゃあね という意味合いなので、こんにちは の代わりにも使えます。
店を出るときは必ず言いましょう。

ありがとう:グラッツェ(Grazie)

何かしてもらったら、必ず言いましょう。

すみません:ミ スクージ(Mi scusi)

英語でいうExcuse meです。
店員さんを呼ぶときや、道を通してほしいとき、ちょっとぶつかったときなど、かなり使えます。

~をください:ペル ファヴォーレ(Per favore)

英語で言うPleaseです。
○○(欲しい物)ペル ファヴォーレ と言えば、買い物ができます。

飲み水:アックア ミネラーレ(acqua minerale)

イタリアでは、水道水が飲めませんので、飲み水は買う事になります。
また、レストランでも、水は注文しないと来ないことが多いので、かなり使う言葉です。

上で紹介した、ペル ファヴォーレと組み合わせて、
「アックア ミネラーレ ペル ファヴォーレ」と注文してください。

トイレはどこですか?:ドーヴェ イル バーニョ?(Dove il bagno?)

※音声ファイルが単語ごとのものしか見つけられませんでした。すみません。

ドーヴェ が ~はどこですか?、
イル バーニョ が トイレ の意味です。

最悪、イル バーニョ だけ覚えましょう。察しのいい人が場所を教えてくれます。

<おまけ>紙とペンは携帯しよう

発音が悪すぎて伝わらない場合、紙に文字を書いて伝えましょう。
それでもダメなら、絵をかいて伝えましょう。

1 2