<花が終わってから>
胡蝶蘭は、鉢に寄せ合えされてますので、1株ずつ別々に管理します。

すぐに花を咲かせたい場合は、
花芽を2~3節目でカットします。
切った下の節の所から新しい花芽が出やすくなります。
連続して花を咲かせると株の力が弱まるので、長く育てたい場合は根元からカットしましょう。

根元(2~5cmくらい)でカットすると、株の力が蓄えられ、秋に花芽が出始め春に花を楽しむことができ、長年にわたって花を咲かせられます。

植え替えの時期は4月がベストですが、それ以降でも構わないそうです。
ただ、1年に何度も植え替えるのは、根をいためるそうなので、避けましょう。

花が枯れても、葉がまだ生きている場合は、胡蝶蘭の花をまた咲かせる事が出来るそうですよ。
上手く栽培すれば、10年、20年続けて咲かせる事も出来るかもしれませんね。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

胡蝶蘭|贈り物に最適な胡蝶蘭のまとめ

胡蝶蘭の華やかさが、開店祝いや開業祝いの贈り物として最適です。頂いた方にも贈る方にも知っていると便利な情報をまとめました。

このまとめを見る