1. まとめトップ
36 お気に入り 369120 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

すでに11月15日に北米から発売されたPS4

CPU、GPU、メモリなどが新しくなった。

○知っておくべき17個の事

PSNアカウントによってシステムに「primary(優先権)」を設定しておけば、ログアウトすることなしに他のシステムにログインすることができます。このおかげで、クラウドに保存された同じゲームを他のシステムでもプレイでき、同じデータにアクセスすることが可能です。

PS4ではシステムレベルで音声コマンドが採用されており、PlayStation Camera(PSカメラ)で顔データを事前にPS4本体に登録すれば、ワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK 4)の代わりにカメラの顔認識機能を使ってアカウントにログイン可能。

また、PS4のホーム画面 などではDUALSHOCK 4に接続したモノラルヘッドセットのマイク、もしくはPSカメラに向かって声で指示を出すことで、音声を使ってゲームを開始したりスクリーンショットを撮ったり電源を切ったりできます。

PS4は立てて使っても寝かせてつかってもOK、好みのスタイルで設置することができます。Xboxでは縦置き使用が"自己責任"とアナウンスされているのとは対照的です。

PS4は、出力情報の設定を把持してくれるのでテレビを選ばず使うことが可能です。新しいテレビを購入しても、特にセッティングすることなくPS4を楽しめます。

PS4の内部電源を使用しているためかさばるACアダプターがありません。これはXboxに対するアドバンテージで、PS3から引き継いだ利点です。

○悪いところ

PS4ではゲームの使用に外付けハードディスクをサポートしません。本体にはUSB3.0が搭載されているのですが、ソニーによると「快適なゲームプレイを実現するにはゲームはキャッシュに入れられるべきで、USB経由ではデータストリーミングが円滑に行えない」ということを理由として外付けHDDの使用を不可としています。

ただし、Xboxと違って、PS4では内蔵ハードディスクを交換できるためより大容量のハードディスクに変更することは可能です。

PS4ではMP3やCDの音楽を再生することはできません。またオーディオビジュアライザーも利用不可です。PS4で音楽を楽しみたい場合は、月額10ドル(日本では980円)の有料配信サービス「Music Unlimited」に加入しなければなりません。

PS4は、PS3では使えたDLNAクライアント機能に対応していません。PS3がメディアプレイヤーとして秀逸だっただけに非常に残念です。

PS4でDVDやBDの映像コンテンツを再生する前に、一度だけオンライン経由のアクチべーション(認証)が必要です。購入したらさっそくBDで映画を楽しみたい!という人には、このワンステップは手間な作業です。

ちなみに13年前に発売されたPS2は購入後、即DVDの再生が可能でした。

PS3でおなじみのワイヤレスコントローラー「DUALSHOCK 3」がPS4では使えません。なぜ旧型のコントローラーを排除する必要があるのか理解できないとArs Technicaはコメント。

PS4ではゲームをプレイするムービー(ゲームプレイクリップ)をFacebookやPSNでシェアできるのに、ムービーに音声を追加することはできません。

Xbox Oneはシステムアップデートでこの機能を追加したので、PS4でもアップデート対応に期待です。

ゲームプレイクリップをダイレクトにPCにコピー・移動させることはできません。

将来アップデートでの対応が予想されますが、発売当初は対応しておらず、YouTubeにムービーをアップしたい人には不便です。

1 2