1. まとめトップ
  2. ガールズ

脚が短いという欠点をフォローしてくれる簡単コーディネート

人は色々なタイプの人が存在し、脚が長い人もいれば、短い人もいるのは当たり前のことです。しかし、そうはいっても脚が短いとファッションが決まらないといった悩みがあるのも事実です。そんな悩みを抱える方の為に、脚が短いというコンプレックスをフォロー出来るコーディネート集をご紹介します。

更新日: 2014年04月19日

1842 お気に入り 1159328 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

脚が短いと服選びが難しい・・・

脚が短いというのがコンプレックスとなっている為に、少しでも脚が短く見えてしまう服を選ぶことが出来ません。

よって、着る服が限定されてしまうという方が多いようです。

脚短い人が太めのパンツをロールアップって悲惨なことになるんだね。前歩いてる人をみて思った。男の子だとヒール履けないから尚更。

サルエルはくのでタイプが別れるけど脚長い人が履けば単純にかっこいいし、足短いやつが履けば単純に足の長さ隠せるし、なんて最高のズボン。

つか私がニーハイ履くと ニーハイじゃなくなる。脚短いからの

脚短いから絶対似合わんのやけど オーバーオール欲しい。 いや、憧れのままで終わらした方がいいな。

▼そんな脚のコンプレックスを解消できるコーディネート

①パンツと靴の「色」を合わせる

ボトムに選ぶパンツのカラーととスニーカー・ブーツのカラーを同系色にするとパンツとシューズの境界線が曖昧になって、視覚効果で足が、実際よりも長く見えます。

ベージュのチノパンに、薄めのブラウンのブーツを合わせると足が長く見える

ボトムスとブーツの色を同系色や類似色に コーディネートすることによって、ボトムを一体化させると背が高く見える

②靴はインソールやハイヒールなど「脚長効果」のあるものをチョイスする

男性ではインソール、女性ではハイヒールなどをチョイスして、脚長効果を最大限に生かすようにします。

ブーツを履くことで2cmほどは足を長く見せることができます

ブーツはヒールが高いものが多いので脚長効果が期待できます。

スニーカーなどでもきつくならない範囲でインソールを複数入れても背を高くして足を長くすることができます

③腰の位置をごまかせる「ワンピース」を着る

ワンピースは腰の位置を高く設定することが出来るので、脚の短さを隠すことが出来ます。

ベルトの位置をちょっと上にするなども、脚長効果を演出することが出来ます。

ウェスト位置や切り返しが高い位置にあるワンピースを着る

腰位置が高くなるので脚が長く見えます。

ラインを拾わない形のスカートやワンピースが良いですよ!胸の下に切り替えがあるワンピースなら完璧!

体のラインが分かりにくいデザインの方がいいようです。

④ベルトなどの「小物」も上手に使うと更にGOOD!

ベルトをすることによって、目線が脚にいかないことや、ちょっと高い位置にベルトを巻くことによって、脚が長く見えるという効果を得ることが出来ます。

マキシワンピースは、高めの位置に切り替えのあるものを選んだり、もしくはベルトでウエストマークして脚長効果を狙うのがL.A.流。

太ベルトは、ウエストを細く見せてくれるだけではなく、ウエストを協調することで脚長効果にもつながる優れ物♪

ただ、身長があまり高くない方は太いベルトをすると縦のラインが分断されて背が低く見えてしまうので、少し細目のベルトがおすすめです

ポイントになるベルトでウエストマークしましょう。ウエスト位置を高く見せて足を長く見せる効果があります

⑤トップスとボトムの「色使い」注意する

ボトムをあまり目立たせてしまうと、脚が短いのを強調してしまいます。

なので、脚をあまり協調させないファッションを心がけます。

ジャケット、パーカーなどを羽織るときは、前を開けてインナーを見せ、インナーとボトムの色を同じにし、靴・靴下の色もそろえる

なるべく、目立たない色とします。

1 2