1. まとめトップ

【戦国時代】歴史上(戦国武将メイン)の人物の血液型は?+偉人たち

織田信長の血液型は?豊臣秀吉の血液型は?徳川家康の血液型は?武田信玄の血液型は?上杉謙信の血液型は?伊達政宗の血液型は?・・・等々、戦国武将の血液型情報をまとめました

更新日: 2019年05月15日

14 お気に入り 346425 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

Quoll-x-llvさん

↓ ↓ ↓

武将は、あいうえお順で並べています

■上杉謙信

1530年~1578年

戦国時代の越後国(現在の新潟県上越市)の武将・戦国大名。後世、越後の虎や越後の龍、越後の獅子、軍神と称される。

AB型・・・信憑性★★★

誓文の血判から判定された血液型はAB型。

→まぁ、本人のモノであれば間違いないですね。でも謙信って女性説があったり、謎が多いので、ちょっとだけ疑ってしまいます。影武者のものかも…って。。

■織田信長

1534年~1582年

戦国時代から安土桃山時代にかけての武将、戦国大名、天下人。

A型・・・信憑性★☆☆

血痕や遺髪から信長の血液型はA型と判明
http://ameblo.jp/rallygrass/entry-10823746808.html

しかし、

そもそも、血痕や遺髪が本人のモノではないということが近年分かってきたとかそうでないとか…

B型っぽい感じもしますが、やっぱり完璧主義者型の【A型】な気がします。

↓こんな話もありますし…
http://www.logsoku.com/r/lovesaloon/1225762416/

■真田幸村

1567年~1615年

安土桃山時代から江戸時代初期にかけての武将、大名。豊臣方の武将として大坂夏の陣において徳川家康の本陣まで攻め込んだ勇敢な活躍が、江戸幕府や諸大名家の各史料に記録され、「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と評される。

A型・・・信憑性★★★

遺髪から判明。遺髪は間違いなく本人のモノらしい。

■武田信玄

1521年~1573年

戦国時代の武将、甲斐の守護大名・戦国大名。甲斐源氏の嫡流にあたる甲斐武田家第19代当主。戦国最強武将候補に挙げられる1人。

A型・・・信憑性★★☆

かなり有力な説のようですね。。血判と碑文書、遺骨から判明したとか。

■伊達政宗

出羽国と陸奥国の戦国大名・伊達氏の第17代当主。仙台藩初代藩主。

B型・・・信憑性★★★

瑞鳳殿再建に先駆けて、昭和49年(1974年)に発掘調査が行われ、遺骨の学術的調査から身長は159.4cm(当時の平均的身長)であることや、 遺骸毛髪から血液型がB型であることが判明した。

■徳川家康

確実な証拠は無いらしいんです。イメージでは【A】か【O】のどちらか、なんですけどね。。

「AB型ではない?」

2代将軍秀忠はO型、6代家宣がO型、9代軍家重(吉宗の子)がA型、12代家慶がB型、桂昌院(5代綱吉の母)はA型。となると、初代家康はAB型ではないことになります。

▼参考リンク
http://www010.upp.so-net.ne.jp/abofan/jinbutsu.htm

■徳川秀忠

1 2 3