1. まとめトップ

洗車で必要な道具とは?

洗車をする時には洗車用の道具をそろえる必要がありますよね。洗車道具は一度購入すると何度も使うことができますので、洗車道具は自分の満足の行く物を選ぶようにしましょう。
見た目をただ綺麗にするだけなのと、綺麗な状態を保つことは雲泥の差がありますので、単純に安い洗車道具を買えばいいと言うわけではなく、コストパフォーマンスなどバランスを考えて購入するようにしましょう。

車にはホワイトや淡色、ダークやメタリック車などの種類があります。カーシャンプーもそれに合わせて変えるといいでしょう。

メーカーによって多少違いはありますがホワイトや淡色の車用のカーシャンプーはダークやターメリックなどのカーシャンプーより洗剤の成分である界面活性剤が多く配合されていたり、微量の研磨剤が含まれているため水垢を落とす性能が高くなっています。
これは、ホワイトや淡色の車は傷はあまり目立ちませんが、汚れが目立ちやすい特徴があるためです。
逆に、ダークやターメリックは塗装がデリケートなため研磨剤をふくんでいるカーシャンプーを使用すると傷ができてしまいます。カーシャンプーを揃える時はどちらが合っているか注意しましょう。

洗車用のブラシなどもありますが、スポンジの方がいいです。できるだけ柔らかいものにしましょう。
洗車の時のシャンプーの泡は車についた砂や埃などを浮かせて洗車傷から守る働きをしてくれます。そのため、泡立ちのよさそうなスポンジを選ぶことも忘れないようにしましょう。

タイヤブラシは硬さの違いがメーカーによって結構あります。タイヤ部分だけを洗うのであれば硬くてもいいかもしれませんが、ホイール部分などにアルミホイールを装着している場合など硬いブラシで洗うと傷が付いてしまう場合があるので注意しましょう。

4.その他の洗車道具

自分でしっかり洗車したい方には、揃えておきたいアイテムとして、

■シャンプー洗車時…バケツ、水切りワイパー

■水の拭き取り時…セーム皮、極細繊維クロス

■仕上げ…カーワックス、ガラスコーティング剤、コンパウンド、粘土、油膜除去剤、ガラス研磨剤

なども準備しておくといいでしょう。

洗車道具を選ぶ際の注意事項

【カーシャンプー】

ボディカラーによって異なるバリエーションが用意されています。一般的に、濃色車用/淡色車用/ホ
ワイト車用などがあるので、愛車のカラーに合ったものを選びましょう。

【拭き取り材】

洗車後の水気の拭き取りには、セーム皮、極細繊維クロスなどの吸水性に優れた製品を使う必要があります。一般的なタオルでは吸水性が劣るため、何度も拭き取ることでボディの負担になったり、残った水分が水垢の原因になります。

【カーワックスとガラスコーティング剤】

仕上げで使うワックスとガラスコーティング剤の一番の違いは持続期間にあります。一般的に、ワックスの持続期間は1ヶ月程度、ガラスコーティング剤は3年間はただ水で洗うだけで良いようになります。これは、ちゃんと洗剤を使わなければいけないような汚れなどでも付きにくくなるからです。頻繁に洗車する必要もなくなるので、花粉や黄砂の季節になりますとかなり重宝します。また、水で流した後も水垢が付きにくいです。

インターネット通販サイト - 人気の洗車・ケア用品

カー用品店がオススメする洗車グッズ

メーカーがオススメする洗車用品

その他の洗車道具情報

1





mqfdpxrwさん