このたった1つのRNA分子からなる製剤開発により、がん(癌)に対する有効な医薬品に応用できる可能性がある

出典日経プレスリリース

抗がん剤は、がん以外の正常な細胞にも影響するため副作用の心配があるが、マイクロRNAは他の細胞に悪影響を与えないという。

前へ 次へ

この情報が含まれているまとめはこちら

鳥取大が発見!ガンは容易に正常な細胞へ変えることができる

STAP細胞研究の小保方博士で話題だが、鳥取大もがん(癌は)容易に正常細胞や良性細胞へ変換できると発表した。この発見を応用すれば、これまで治療法がなかった末期的なガンにも治療を施せる可能性があるといい、また抗ガン薬が有効に効かなかったガンに対しても治療を行うことができる可能性があるという

このまとめを見る