出典 www.ds-pharma.co.jp

これまではがん細胞を殺すのみだった

このRNA分子の場合、がん細胞を死滅させるのでなく、がんとなった細胞をもとへ戻せる可能性がある

核酸を構造の一部に持つ「核酸医薬品」へ応用できれば、病気の原因となっている遺伝子に直接働きかけることができる

この情報が含まれているまとめはこちら

鳥取大が発見!ガンは容易に正常な細胞へ変えることができる

STAP細胞研究の小保方博士で話題だが、鳥取大もがん(癌は)容易に正常細胞や良性細胞へ変換できると発表した。この発見を応用すれば、これまで治療法がなかった末期的なガンにも治療を施せる可能性があるといい、また抗ガン薬が有効に効かなかったガンに対しても治療を行うことができる可能性があるという

このまとめを見る