1. まとめトップ

恋愛・仕事運気を下る「気をつけた方がいい口癖」

あなたの運気を下げて不幸にしてしまう口癖を様々なソースからまとめてみました。結構よく聞く残念な口ぐせ、安易に使っていないか、振り返ってみませんか?

更新日: 2017年09月03日

happyjokerさん

  • このまとめをはてなブックマークに追加
25 お気に入り 13771 view
お気に入り追加

あなたの運気を下げて不幸にしてしまう口癖

愚痴を吐く人の周りは愚痴だらけ

■なぜ、愚痴や不平不満に聴こえる口癖を吐くと良くないか?

愚痴やネガティブな情報ばかり発信してしまうと、周囲も愚痴ばかりになり、いつしか自分の周りには不平不満で溢れかえっている…という状況になってしまいます。

仲間内で愚痴を言い合ったり、いつも不平不満を言ったりしてしまう。自分の思う通りにいかなければ、そんな風になってしまうこともあるでしょう

口癖のように「嘘~!」という人は多いと思いますが、この言葉は仲の良い友達だけの言葉にしておかないと、周囲に真面目な話をしてくれる人、相談に乗ってくれる人がいなくなってしまう危険性があります。

自分では意識せずポロッと出た言葉でも、周りの人は、あなたの“表情”や“言動”から、あなたの人間性を判断します。

■では、具体的な例

特に、「えっ」、「絶対」、「まぁ」、「とりあえず」、
「なんか」、「あっ、はい」、「大丈夫です」などが
口癖になってる人は要注意とのこと。

1.「何でもいいよ」

「何でもいい=興味がないのかも」と、周りに不安を与えてしまうかもしれません。たまにならまだしも、毎回だと“自己主張のない人”というイメージを拭えないのも事実。

そんなときは、「●●と●●で迷ってます。~さんは、どちらがいいですか?」と自分の意見を言いながら、相手に委ねる言い方に変えてみましょう。

2.「でも」

気持ちはわかるんですが、この言葉が口癖の人は相手を不快にさせている可能性があります。
なぜなら「でも」という言葉は否定や反論する時によく使われる言葉だからです。

「でも」と言ってしまう口癖のある人は、「でも」と言う前に相手を肯定する癖をつけてください。

これは、まずは相手の意見を尊重して受け入れてから、反対の意見をいうことで、否定しても相手に不快感を与えづらくなる方法なのです。

「まず、相手を認めてから否定をしなさい。」です。

「スキューバーダイビングやりたい」と言われたら、まず、

「スキューバーダイビング楽しそうだね!世界観が変わるとか言うもんね!」と肯定してから、

「でも、いろいろとお金もかかるし、まとまった休みもいるから、今は現実的に厳しいかもね。」とやんわり断りなさい。

そして、嫁は本当に行きたいんではなくて、話がしたいだけだから、いきなり否定するんじゃなくて、話を聞いてあげなさい。とアドバイスしました。

どんな人でも、否定されると嫌な感じがしてしまいます。そして、どんな人でも「認められたい」という気持ちをもっています。

ですから、いきなり「でも」と言わずに、まずは相手の話を受け入れましょう。

3.「じゃあ、みんなで話すか」

問題解決力がないと考えたほうがいい。本当は自分が決めなければいけないことを決められないから、みんなで決めて、何かあったときの保険をかけているだけである。

「みんなで考えたほうが、アイデアが出るから」という言葉は裏を返せば、「自分にアイデアがないからメンバーに出してもらいたい」という意味である。会社や上司にビジョンがないと嘆く前に、自分自身に果たしてビジョンがあるのか考えてみるといい。

4.「っていうか」

人の話を遮って途中で訂正したり、自分の意見を話しだすことは相手からしたら不満が溜まります。否定されたように感じる

ちゃんと聞いてくれているように思えないからです。

5.「マジっ!」

これを使うと、それ以上に運気が上がらない

運をストップさせる言霊だ。

6.「私って●●だから~」

「私って●●な人だから」「私って●●じゃないですか」のような、他の人が聞いてもいないようなことをアピールする女性は男性ウケが非常に悪いようです。

初対面の人に「私って●●な人じゃないですか」と言っても、相手は「そんなの知りません」と口にしなくても、大抵はそう感じるでしょう。

7.「けど」

失敗した「けど」仕方ないよね。遅刻した「けど」仕方ないよね。そんな風に「けど」を使ってしまうことはないでしょうか。

「けど」という言葉は、その前にある言葉を悪気なく水に流してしまう悪魔の言葉だといいます。一瞬にしてそこで成長をストップさせてしまう恐ろしい口癖であり、急激に運気を落としてしまうとまで言います。

8.「嘘~?」「嘘でしょ?」

意外と、口癖のように「嘘~!」という人は多いと思いますが、この言葉は仲の良い友達だけの言葉にしておかないと、周囲に真面目な話をしてくれる人、相談に乗ってくれる人がいなくなってしまう危険性があります。

「嘘でしょ!?」「それマジ?」などのような言葉を言うのはNGです。相手は「本当だから話しているのに!」という気持ちになって、その先の話をする気を失せてしまうかもしれません。

9.「というか」

「というか」という言葉が口癖の方の多くは、自分が大好きな人です。どういう時に「というか」を使うかというと、自分の意見をはっきりと主張したい時なんですね。

ある程度自分に自信がないと言えないわけなんですよ。自分に自身がある人というのは、やっぱり「自分大好き」です。自分のいいたいことをはっきり言う「ナルシスト」些細な事でも首を突っ込んでくる可能性もあるので、うまくまとめてあげないと面倒な事になるかもしれません。

1 2





ジャニーズから政治経済まで興味を持ったことについて詳しくまとめていきますので、宜しくお願いいたします。