1. まとめトップ

安価に会社を設立する方法と必要手続など【合同会社編】

これからは個人の時代と言われる事が多くなりました。その中で法人化する選択肢も出てくるのではないかと思います。今回は、最近注目をあびてきていると思われる合同会社について設立方法などをまとめてみました。

更新日: 2014年06月04日

7 お気に入り 2392 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

tamalaboさん

合同会社とは??

合同会社(ごうどうがいしゃ)とは、日本における会社形態の1つである。

平成18年(2006年)5月1日施行の会社法により新しく設けられた会社形態である。

アメリカ合衆国各州の州法で認められるLLC (Limited Liability Company) をモデルとして導入されたもので、日本版LLCともいわれる。

株式会社と比較した合同会社の特徴は??

まだ日本国内での知名度が低い

Apple Japan、西友、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン、ユニバーサルミュージック、P&Gマックスファクター、フジテレビラボなども合同会社を選択しています。

合同会社の設立費用は株式会社より約14万円安い

約6万円での設立が可能です。

ランニングコストが安い

合同会社の場合、決算の公告義務がありません。そのため決算公告の官報掲載費の約6万円を得することになります。また役員の任期の制限がなく役員変更の手続きも不要のため、定款の書き換え費用の6万円も必要ありません。

起業する時に合同会社でスタートして、業績の拡大に伴って株式会社に移行した方が良いという場合には、14万円程度で株式会社に組織変更が可能です。

その他の法人格等との比較

実際に手続きを行なっていきましょう!

事前準備

会社設立の基本事項が決まったら、会社の印鑑を作成しましょう。  会社設立登記の書類はもちろん、銀行や役所に提出する書類にも印鑑を押す必要があるので、 早めに作成しておきましょう。  特に会社の実印にあたる代表者印(法務局届出印などともいいます)は、 会社設立登記と一緒に法務局に届け出る必要があるので、必ず必要になります。

1、定款の作成 サンプルや雛形を参考にしましょう!

2、登記書類の作成

定款の作成や、登記書類を作るのがめんどくさいという方は!?

会社設立サービスを利用するといいと思います。
電子定款の作成に対応しているところであれば、定款作成代金4万円がかからなくなるので、会社設立サービスを利用した方が、設立費用を抑える事ができます。
ご自身で電子定款を作成しようとすると、以下のような費用がかかります。

電子定款の作成に必要な機器等
・ICカードリーダライタ: 2,000円 〜 6,000円
・Adobe Acrobat Standard: 34,800円
・住基カード:      500円
・電子証明書:     500円

1 2