1. まとめトップ
  2. カラダ

癖になってない?足組みがもたらす悪影響が恐ろしい

足を組む事により、片方の足だけに強い力がかかってしまいます。骨盤はゆがむと自力ではなかなか治せないのが難しいところです。そして骨盤のゆがみは、さまざまな合併症を引き起こす原因となります。

更新日: 2014年01月30日

711 お気に入り 535385 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

comcommさん

◆気付けば足を組んでいる...

足を組むのって何となく悪いと思うから止めたいけど、気付いたらまた足を組んでいる…。そんなことありませんか?

やっばい最近足組む方が楽になってる…前々から癖はあったけど、ここまでしょっちゅう足組んでなかった気がする…確か足組むのってあんまりよろしくないんだよね……??

足組んだらあかんてゆわれたがもー組んでた。癖やな〜(-_-) 頑張ろっと。極力(-_-)

◆なぜ足を組んでしまうのか

足を組むのは一種の緊張の現れで、足をぶらぶらさせるのは、現状の空間にリラックスしていて安心している証拠です。

集中しているはずの仕事中にもしてしまうという場合は、椅子の高さがあっていない可能性も。

腰の部分がしっかりと支えられていない椅子だと、どうしても、腰が丸くなってしまいます。すると、足が組みやすくなり、ついつい、足を組んでしまう

利き腕や利き足、日常で行う作業の質、日常的の起こるストレスの方向などから重心を置く癖が発生します。

例:多くの右利きの方は右手1本で運転されます。その際左肘を肘掛けにもたれさせて、重心が左に寄っている事が多いと予想されます。その際骨盤は右が上がった状態になります。

▼足組みがもたらす悪影響

1、体のゆがみ

片足に負担をかけてしまうので、筋肉のバランスが悪くなったり、骨が正しい位置からずれてしまったりします。

足を組むとそれにあわせて骨盤は9度傾くと言われています。骨盤の傾斜は、背骨全体に波及し、顔から頭まで達します。

2、肩こりや腰痛などの原因にも

足は下半身で、肩は上半身だから関係ないと思われがちですが、きちんとつながっています。

腰掛けるときに足を組まれる方はほとんどの方が酷い肩こりや腰痛、足などがしびれる症状の悩みをお持ちのようです。

3、特に女性は気をつけたい

女性の場合は生理痛や「生理がこない」などの生理不順、不妊や流産の原因にもなります。

血液やリンパの流れが悪くなり、新陳代謝のリズムも崩れるため、太る原因になると言われます。

生活習慣による歪みで、高いヒールを履くこと、足を組むこと、荷物を片側の手に持ち続ける事、などにより、骨盤が歪むことでX脚になる

◆交互に組むといい?

1 2