1. まとめトップ

綱渡りスポーツ「スラックライン」入門

簡単に言うと、綱渡り!でも、綱渡りでバランス感覚や集中力などを鍛えることができる。始めたいんだけど・・・どんなスポーツ?道具はどこに売ってるの?どうやって遊ぶの?そんな疑問を解決!

更新日: 2014年06月13日

64 お気に入り 224396 view
お気に入り追加

この記事は私がまとめました

masyan0238さん

簡単に言うと、綱渡り!
でも、綱渡りでバランス感覚や集中力などを鍛えることができる。
始めたいんだけど・・・どんなスポーツ?道具はどこに売ってるの?どうやって遊ぶの?
そんな疑問を解決!

綱渡りがスポーツになるの?

夢中になって遊んでいるうちに、体幹を使って腹筋が割れちゃう!

確かに、これはスポーツですね。
世界大会映像だから、こんな凄い技は不可能にしても・・・綱渡りって難しいんじゃない?

まずは、スラックラインなる道具を購入してみた!

では実際に「スラックライン」を設置してみましょう!

木と木の間にスラックラインを張り、しっかり固定する。

注意事項
・木に巻く場合は、細い木や老木は避けること。木の直径25cm以上が望ましいとされる。
・木にラインを巻く際は、ツリーウェアやツリースキンなど何かクッションになる布などを巻いてラインと樹皮の保護に務めること。
・公園では、なるべく他の利用者のじゃまにならない場所に張ること。

さてさて、早速「スラックライン」の上を歩いてみようと思います!

と思ったんですが・・・これが動画のように余裕顔では出来ません^^;
まずは基本をシッカリと押えないとダメなようです。

立つだけでも筋肉がプルプル震える! 体幹を鍛えるスラックライン

ラインに足を乗せたら両腕をあげてバランスをキープ。この腕がバランスをとる大きなポイントになるそうです。
「綱渡りのようにバランスをとるとなると、足で踏ん張ると思っている人も多いかもしれませんが、上半身でうまくバランスをとり、身体の軸がぶれないようにします」

次の段階では、まさに綱渡りのようにラインの上を歩きます。このときにスピードに任せて走って渡ろうとする人がいるそうですが、それでは体幹の使い方やバランス感覚は身につきません。ステップ1でやったように片足ずつ足を入れ替えるようなつもりで一歩ずつゆっくり進みます。
 意識するのはやはり腕。手をうまく使ってバランスをとります。
 これができるようになったら今度は後ろ向きに進んでみましょう。ラインの端まで進んで、今度は後ろ向きに戻る。落ちずに何度も往復できるようになる頃には上半身でバランスをとる方法が身についてきます。

この人、初めての割には・・・私よりスマートじゃないですかwww

さてさてさて、歩けたら・・・やっぱり大技ってなりますよね!

上記のサイトから1つ抜粋してみました!
「Surfing」と言う技で、片足で左右に大きく振るんだそうです。

日本で「スラックライン」の団体や、チームってあるんですか?

皆さんのお住まいの都道府県にも、スラックラインチームがあるかも!

Googleで「スラックライン チーム」と検索しただけで、大小様々なチームのHPが出てきました!
上位5つほど紹介しておきます

1 2